トヨタがルマンで1000馬力のスーパースポーツを公開。開発スタートを世界的にアピール

コラム Clicccar

2018年のルマン24時間耐久レースに、現実的にトップが狙える唯一のワークスチームとして参戦しているトヨタGAZOO Racingが、ワークスマシンである「TS050ハイブリッド」と同等のメカニズムを用いた『GRスーパースポーツ・コンセプト』を公開、開発に着手したことを発表しました。

すでに日本向けとしては年初の東京オートサロンにおいて外観と中身の両モデルを公開していますが、世界的に開発のスタートをアピールしたというカタチです。

熱効率50%を実現するというパワートレインは、2.4リッターV6ツインターボエンジンとレーシングハイブリッドシステム(THS-R)により構成されたもので、最高出力は735kW(1000馬力)とTS050ハイブリッドと同等のパフォーマンスを持っているというのも注目点のひとつ。

まさに「レーシングカーからスポーツカーをつくる」という、トヨタとしてはこれまでにないアプローチで車両を開発しているというわけです。GRスーパースポーツのタイヤについては、レースで使っているミシュランではなく、ブリヂストンを履いていることをホワイトレターで示しているのもオールジャパン的な開発体制を予感させます。

トヨタが6 年間、WEC(世界耐久選手権) に挑んできた目的は、レースに勝つためだけではなく、世界最先端のハイブリッド技術とEV システムの開発を推進することにあります。究極の環境性能と突出した走行性能を高次元で両立させたワークスマシンのテクノロジーが公道に舞い降りる日はいつになるのか。

そして、6年間の集大成としてルマンで勝利することができるのか、注目のウィークエンドとなりそうです。

(山本晋也)

【関連記事】

【東京オートサロン2018】このオーラを見逃すな!3分で分かるTAS・メーカー編:GAZOO RACING
https://clicccar.com/2018/01/13/548673/

【東京オートサロン2018】ハイブリッドレーシングカーTS050をベースとした「GRスーパースポーツコンセプト」を発表!
https://clicccar.com/2018/01/12/548694/

【東京オートサロン2018】今年最大の目玉「GRスーパースポーツコンセプト」は熱効率50%で市販化を目指す!
https://clicccar.com/2018/01/12/548588/

【東京オートサロン2018】トヨタが出展する「GRスーパースポーツコンセプト」は2020年に市販前提の超高性能PHV?
https://clicccar.com/2018/01/04/545712/

フェルナンド・アロンソ、TOYOTA GAZOORACINGからルマン24Hに参戦!
https://clicccar.com/2018/01/31/555314/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ