SUBARUフォレスターの価格を発表!! 乗降性、積載性の向上ポイントは?

コラム Clicccar

先行予約で5月18日から6月18日までに4119台を受注しているSUBARUの新型フォレスター。6月20日に発表、7月19日に発売されます。

インプレッサ、XVに続き「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用する新型フォレスター。気になる価格は、2.0L水平対向エンジン+モーターの「e-BOXER」を積むマイルドハイブリッドの「Advance」が309万9600円(こちらは9月14日発売)、2.5LのNAエンジンを積む「Premium」が302万4000円、「touring」が280万8000円、「X-BREAK」が291万6000円。

先行予約段階では、「e-BOXER」が約4割を占めているそうで、パワーと省燃費性能に優れたマイルドハイブリッドへの期待が高くなっています。

技術面でのトピックスは、e-BOXER をはじめ、SUBARU初の「ドライバーモニタリングシステム」など電動化、安全技術になっています。「ドライバーモニタリングシステム」は、運転手の眠気などを感知するだけでなく、シートメモリーと連動していて最大5人まで登録できます。

もちろん、フォレスターらしく高い悪路走破性などSUVとしての完成度、オンロードでの快適性も「SUBARU GLOBAL PLATFORM」により確保されているはずです。

パッケージングの面では、後席足元を拡大すべく前席と後席ヒップホップ間を33mm拡大し、後席左右間も20mm拡幅。前席はクラストップレベルの広さを維持しています。また、後席足元にステップを設け、ドアの開口幅を拡幅することで乗降性も向上。さらに、1300mmのラゲッジ開口幅を確保するなど、積載性も高め、ゴルフバッグの横積みなども可能になっているそう。

後席足元にステップが設けられたことで、ルーフレールの上のルーフボックスなどの操作もしやすくなっています。なお、6月20日から放映されるCMソングには、サザンオールスターズの「東京VICTORY」が起用されています。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ