ヒュンダイ最速ミッドシップ・ハッチがニュルを激走!「RM16N」市販型をキャッチ

コラム Clicccar

韓国・ヒュンダイが2016年の釜山モーターショーで公開した「RM 16Nレーシング・コンセプト」市販型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを行いました。

「RM 16N」は、2014年の『RM 14』、2015年の『RM15』と続く「RMプロジェクト」(レーシング・ミッドシップ)の最新モデルで、同ブランドのコンパクトスポーツ、『ヴェロスター』をベースに開発されたミッドシップです。

捉えたテスト車両は、低いボンネットフードにシャープなヘッドライト、フロントフェンダー後部にはエアベントを備えています。またリアには、アグレッシブなディフューザーやエアアウトレットも確認できます。

パワートレインは、6速MTと組み合わされる2リットル直列4気筒の電動アシスト・ターボチャージャーで、最高出力は295psと予想されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ