マクラーレン新型モデルを激写!これが最速「600LT」だ

コラム Clicccar

マクラーレンが予告している新型モデルの実写プロトタイプを、カメラが捉えました。開発車両には予告写真通り、リアデッキにツインエキゾーストパイプを備えていることが確認出来ます。

この新型モデルは、「570S」のハードコアモデルとして、マクラーレンの「MSO」(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が手がけ、正式名称は「600LT」が有力とされています。「LT」とはロングテールの略で、1997年に登場した『F1 GTRロングテール』が初代だ。その後は、「675LTクーペ」や「675LTスパイダー」などへ継承されています。テスト車両は、カモフラージュが厳重ですが、カーボンファイバー製のアグレッシブなリアディフューザーも見て取れます。

 

予告では、「Track22」の下で発表される5番目のモデルであること、パワフルで、軽量化されたボディに、高性能エアロダイナミクスを持つモデルとされていましたが、そのパワートレインも見えて来ました。「570S」の3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンをスープアップし、最高出力は600psが予想されます。車重は、「570S」から約100kg程度の軽量化が図られるでしょう。

ワールドプレミは英国で7月に開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード」で実車公開される予定ですが、その前にオフィシャルフォトが公開される可能性もあります。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ