ポルシェ・718ボクスター「スパイダー」の最終デザインが露出!ルーフも全開に

コラム Clicccar

ポルシェ「718ボクスター」に初めて設定される高性能「719ボクスター スパイダー」を、アルプス山脈でカメラが捉えました。

初めてルーフが全開となった開発車両は、GTSと同様のフロントグリル、サイドシル、大型レッドブレーキキャリパーを装備するほか、リアには大経口ツインエキゾーストパイプ、アグレッシブなディフューザー、ダブルバブルルーフ、そのセンターにはストップランプを装着しています。またキャビンには、アルカンターラをまとうシフトノブとステアリングホイールが確認出来ます。

心臓部には、「911GT3」から移植される4リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載。最高出力は「GT3」の500psをデチューンし、430ps程度が予想されています。これは現行スパイダーから55psも向上している数値となり、6速MTを標準装備するほか、7速PDKがオプションで提供される模様です。

また、パフォーマンス向上にかかせない軽量化対策では、電動ソフトトップや空調、オーディオ類の排除、軽量素材のスポーツシートなどでしょう。ワールドプレミアは、2018年後半が予想され、同じく高性能「ケイマンGT4」と同時公開も期待されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ