レクサス最小SUV「UX」、価格は3万5千ドルでEV設定の噂!

コラム Clicccar

レクサス最小SUVとして、2018年3月のジュネーブモーターショーで公開された「UX」に関して、有力な情報を入手しました。

レクサスのエグゼクティブ・アドバイザー、ジェフ・ブラッケン氏は「UX」を3万ドル以下で販売する計画は「ない」、とウェブメディアに語ったようです。販売売価格は、3万5千ドル(約390万円)からが有力とされ、兄貴分の「NX300」が440万円からと考えると妥当と言えます。

さらに同氏は、レクサスブランドのラインアップは拡大するが、ライバルのメルセデスベンツやBMWほどにはならないとも伝えています。

プラットフォームには、「GA-C」を採用し、低重心化による俊敏な走りを予感させるフォルムを特徴としています。ボディサイズは、全長4495mm、全幅1840mm、全高1520mm、ホイールベース2640mm。トヨタ「C-HR」」全長4360mm、全幅1795mm、全高1550mm)と比較して、全長、全幅がそれぞれ135mm、45mm拡大される一方、全高は30mm低いシルエットとなっています。

パワートレインは、直噴2リットル直列4気筒ガソリンエンジン+モーターの新開発ハイブリッドシステムが発表されていますが、新たにピュアEVモデルが設定される可能性が高いことが分かりました。レクサスは、欧州Cセグメントハッチバック「CT」次期型にもEVの設定が予想されており、完全電動化が一気に進みそうです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ