【新車】プジョー・308がアイシンAW製の8速AT、アダプティブクルーズコントロールを新搭載

コラム Clicccar

7月18日、プジョー308の走りの質をさらに引き上げる8AT搭載のニュースが入ってきました。

 

プジョー308は、ハンドリングと乗り心地のバランスがよく、Cセグメントのベンチマーク(指標)といえるフォルクスワーゲン・ゴルフとはひと味違った走りが楽しめます。

今回、6ATから8ATに多段化されるのは、ディーゼルエンジンを積む「プジョー308 GT BlueHDi」で、低燃費、トルクフルな走りが高い評価を得ているモデルです。

8速化と同時に、ニーズの高いアクティブクルーズコントロールも標準装備されています。これによりスポーティな「GT」のドライバビリティを保ちながら、静粛性、実燃費の向上、洗練された操作性(シフトバイワイヤ化)を提供。

PSAは、従来のメイントランスミッションである6ATに代わり、8ATの「EAT8」の開発を完了し、今後、続々と新規モデルに投入していく予定としています。

新開発の「EAT8」は、1969年以降累計1億基を超える出荷実績を誇り、ATで世界シェアトップを誇るアイシンAWがPSAの設計に基づいて製造したもの。7月17日に発表されたDS 7 クロスバックに続き、プジョーとしては日本初導入になります。

新設計によるメリットは、小型軽量化とシフトバイワイヤによる運転機能の進化。「EAT8」は単純に6速にギヤを2つ追加したものではなく、コンポーネントの多くが新設計。

また、シフトの電子制御化により、ワイドでクロスしたギヤレシオ、低燃費、 シフトクオリティの向上を実現したそうで、低速域から高速クルーズにわたりエンジンのパフォーマンスを最大に引き出す設定になっています。

EAT8搭載により、3つのドライブモードを設定。新たに搭載されたエコモード機能は、フリーホイール機能によりアクセルオフ時に条件(勾配、カーブ、温度、バッテリー電圧など)が合えば自動的にクラッチを切り、エアコンの最適化とともに燃費改善に貢献。通常モードは、シフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化し、スポーツモード(ドライバースポーツパック)では シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスと、ステアリングフィール向上を果たしているとのこと。

さらに、8速化による車両重量の増加を防ぐべく、軽量化も実施されています。ギヤの小型化、オイルポンプ外径の小径化、トランスミッションケースの小型化により、全長は6速と変わっていないそうで、容積は逆に小さくなっています。シフトバイワイヤも軽量化に寄与しています。

プジョー308 GT BlueHDiの価格は、5ドアのハッチバックが3,590,000円、4ドアのSW(ステーションワゴン)が3,838,000円。8速化とアクティブクルーズコントロールを搭載しながら、プラス2万円アップに抑えられています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ