【新車】588万600円のホンダ「CLARITY PHEV」 トヨタ・プリウスPHVとの差は?

コラム Clicccar

ホンダから新型プラグインハイブリッドモデル「CLARITY(クラリティ)PHEV」が7月19日に発表され、7月20日から発売されます。

直列4気筒の1.5Lアトキンソンサイクルエンジンと2モーターハイブリッドシステムを搭載する「SPORT HYBRID i-MMD Plug-in」が大きな目玉のモデルです。

気になるEV走行距離(充電電力使用時走行距離)は、JC08モード燃費で114.6km、WLTCモードでは101.0kmとなっています。

FFのホンダ・クラリティPHEVは全長4915×全幅1875×全高1480mmと、Eセグメント級ですので、サイズ的にはメルセデス・ベンツE350eアバンギャルド・スポーツ(798万円)、BMW 530e iPerformance(793万円〜)あたりがライバルになってきそう。ドイツの2台はともにFRを採用。

クラリティPHEVの価格は588万600円で、直接的なライバルは不在といえそうですが、日本車を代表するプラグインハイブリッドのプリウスPHV(三菱アウトランダーPHEVもありますが、こちらはSUVなので)と比べてみると、価格は326万1600円〜422万2800円と、約158万〜約260万円の差があります。

プリウスPHVは、駆動用モーターに加え、発電用モーターを駆動にも使う「デュアルモータードライブシステム」を搭載し、EVモードは68.2km/L、ハイブリッド車として37.2km/Lとなっています。

プリウスPHVのバッテリー容量は2.5Ah、クラリティPHEVは27.3Ah。価格やボディサイズだけでなく、EV走行距離を左右するバッテリー容量も大きく異なっているのが分かります。

メルセデス・ベンツEクラス、BMW5シリーズのプラグインハイブリッド仕様がどれだけ日本で売れているのか分かりませんが、日本国内の市場ニーズで、588万600円という価格設定のホンダ・クラリティPHEVがどれだけ受け入れられるかも注目です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ