トヨタ 2000GTや幻の銘車・OX99-11が走る!ヤマハ「歴史車両デモ走行見学会2018」が開催決定

コラム Clicccar

ヤマハ発動機株式会社は、「歴史車両デモ走行見学会2018」を11月3日(土)にヤマハ袋井テストコースで開催します。今回は一般の方々にもお楽しみいただけるよう、事前予約制で1,500名の来場者が募集されます。

創業からの歴史を振り返るべく、二輪車60台、四輪車4台の歴史車両を展示するとともに、第1号製品の「YA-1」やレースモデルを始めとした歴代の二輪車やGPレーサーYZR700(1984年)、トヨタ自動車と当社が共同開発した「トヨタ2000GT」、エンジンを共同開発した「レクサスLFA」、F1参戦時代に開発したスーパーカー「OX99-11」といった四輪車のデモ走行も予定しています。

このイベントは毎年開催という訳ではなく、前回は2年前の2016年に開催され、8年ぶりの開催でした。

通常はヤマハコミュニケーションプラザのエントラントに展示されているトヨタ2000GT(MF10型エンジンがヤマハ製)やOX99-11がテストコースを走行。間近で見学できるようです。

OX99-11は、ヤマハがF1にV12・3.5LのOX99エンジン供給していた頃、こちらを公道用にデチューン。これを搭載し「公道のF1」を目指して開発されました。バブルの崩壊など幾つかの理由が重なり、市販が見送られた正に幻の車。ドライバーが中央に・同乗者がタンデムに搭乗するのは、今見ても斬新。前回は現存する3台全てが走行しました。

もちろん、ヤマハ発動機のイベントですから、2輪車も市販車・レーサー60台が走行の予定です。

中には現在展示されていない’84年YZR700(ケニー・ロバーツが世界GP引退翌年のデイトナ200に参戦・優勝)なども走行予定です。

袋井テストコースは普段は非公開で、レーシングバイクや市販車のテストが行われる場所だけに、入場の機会のない場所に足を踏み入れられるまたとない機会です。このイベントは事前申し込みが必要です。9/3の12:00よりWebからの登録で先着1500名となります。

(川崎BASE)

【関連リンク】

歴史車輛デモ走行見学会 – コミュニケーションプラザ | ヤマハ発動機株式会社
https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/demorun2018/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ