フォード・トランジット改良モデルをキャッチ。VWと提携でAWD技術を移植

コラム Clicccar

フォードのピックアップ「トランジット」改良型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

フォードは、2018年6月、VWと商用車の共同開発などで提携することを発表しました。両社は競争力の強化を目指し、世界の顧客ニーズに対応すべく技術を補いますが、早速その成果が実現となるようで、改良モデルには、VWのAWD技術が移植されるようです。

「トランジット」は50年以上の歴史を持ち、パネルパン、ミニバス、ピックアップトラックと欧州で最も販売台数の多い軽貨物自動車です。今回のフェイスリフトでは、フロントバンパーのデザインを始め、ヘッドライトのグラフィック、グリル、フォグランプ、テールライトがアップデートされるほか、VWの4WDシステム「4MOTION」が搭載されます。

発進や加速時に後輪へのトルク配分を上げ、加速力をアップ。減速時には後輪へのトルクを無くし優れたトラクション性能を特徴としています。

キャビン内では、最新のインフォテインメントシステムをインストールする可能性が高く、「フィエスタ」や「フォーカス」新型のようにタブレットスタイルの8インチディスプレイを装備します。ワールドプレミアの場は、2018年内から2019年前半のモーターショーとなるようです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ