【日産リーフ試乗】「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」の作動条件とは?

コラム Clicccar

「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」を象徴するモデルである日産・リーフ。新型はピュアEVならではの魅力に加えて、「プロパイロット」「プロパイロット パーキング」などの最新技術が盛り込まれています。

プレス向けオールラインナップ試乗会では、その新型日産リーフを使って「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、「プロパイロット パーキング」の体験メニューも用意されていました。

ここでご紹介する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、フロントスクリーンに設置されたカメラが前方の車両や歩行者を検知。

衝突の可能性が高まるとメーター内のディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起し、ドライバーに回避操作を促します。さらに、衝突が避けられないと車両が判断すると、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害を軽減するシステムです。

日産リーフの「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は約10〜80km/h内が作動条件。歩行者に対しては約60km/h以上では作動せず、約30km/h以下で衝突回避の能力があるとしています。

テストは車両に見立てられたダミー(壁)に向かって15km/h程度で進み、そのまま何もペダル操作をせずにダミーにぶつかっていくもので、強い制動Gによりダミーからかなり手前側で停止しました。

なお、リーフのエマージェンシーブレーキは2回まで続けてテストできましたが、3回目以降は一度イグニッションをオフにする必要があります。

(文/塚田勝弘 写真/前田惠介)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ