【ノートe-POWER AUTECH試乗】さり気なく大人の個性を主張できる内・外装とピリ辛の走りが光る

コラム Clicccar

2018年7月、日産ノートにe-POWERの4WD仕様と、カスタムバージョンの「AUTECH」が追加されました。

以前お伝えしたように、ノート「AUTECH」は、セレナに続く「AUTECH」第2弾で、スポーティな仕立てに加えて、大人のプレミアムと呼ぶにふさわしい質感が付加されています。

試乗したのは、車両本体価格は245万3760円の「ノートe-POWER AUTECH SPORTS SPEC」。メタル調フィニッシュの専用パーツが目を惹くエクステリアなどの標準装備アイテムに加えて、SRSカーテンエアバッグ(4万8600円)、「インテリジェント アラウンドビューモニター(7万5600円)」、「インテリジェント クルーズコントロール+車線逸脱防止支援システム」、AUTECH専用色の「オーロラフレアブルーパール(3万7800円)」など、総額24万円超のメーカーオプションを装備。

ほかにも、ナビレコパック(26万9812円)、フロアカーペットやラゲッジカーペット、ピラーガーニッシュといったAUTECH専用アイテムなどをのディーラーオプションも装着されていました。

さらに、専用16インチアルミホイール、195/55R16タイヤ(試乗車はヨコハマのDNA S.Drive)、専用チューニングサスペンション、専用チューニングの電動パワステ、ボディ補強、ファインレスポンスVCMなどにより、走りもノーマルのe-POWERよりも硬派な仕上がりになっています。

ノーマルe-POWERでも電動化車両だけあって、出だしから鋭い加速が可能でしたが、「AUTECH」仕様はさらに反応のよいスタート、加速フィールが得られます。さらに適度に引き締まった足まわりと、ボディがさらにひと回り小さくなったかのような剛性感の高さも伝わっています。

とはいえ、ハード過ぎて日常ユースには向かないといったことはなく、ピリ辛程度。随所に配されるブルーを基調とした加飾もあって、適度に個性を主張できるのもうれしいところ。さり気なく、しかし明らかにノーマルe-POWERとの差をアピールできるモデルに仕上がっています。

(文/塚田勝弘 写真/前田惠介)

【関連記事】

販売台数ナンバー1の日産・ノートに大人のプレミアムスポーティ「AUTECH(オーテック)」が追加
https://clicccar.com/2018/07/14/608038/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ