【スズキ・クロスビー試乗】独特ボディサイズ、広大な車内、小気味いい加速。ヒットする素養が揃った一台

コラム Clicccar

スズキの人気SUV・クロスビーの特徴は3つあります。

 

ひとつ目は、全長が短く全高が高い独特のボディサイズ。

世の中にSUVはたくさんありますが、全長3.7m・高さ1.7mクラスの高いハイト(全長3760mm・全高1705mm)を持つモデルというのは他に存在しません。

このため写真や数値で想像するボディサイズと、実際に目で見たサイズ感は大きく異なります(クロスビーを見たことがない人にとって、そのサイズ感に目が慣れていないため)。具体的には、想定していたよりも大きく威圧感があるフォルムです。

ふたつ目の特徴は想定外に広い室内です。クロスビーでのAピラーからCピラーまで全ての柱は、垂直に近い角度で立っています。

このため室内に乗り込むとスクエアな空間が前後左右に広がっており、広々とした印象を受けます。

ただしクロスビーは広く感じるだけではなく、実際に室内が広いのです。

その理由はベースとなっているシャシーがソリオだからです。

ソリオは、スペーシアやN-BOXなどに代表されるスーパーハイト軽のパッケージングを小型車枠で展開した、超ビッグ容積型のハイトワゴンです。このソリオがベースになっているため、クロスビーの室内は数値的にもしっかりと広いというわけです。

3つ目の特徴は1L直噴ターボエンジンによるトルク感あふれるグッドな走りです。

3気筒ターボ・マイルドハイブリッドの最高出力は99ps、最大トルクは15.3kg・mです。注目はこの最大トルクを1700rpmから4000rpmの間まで幅広く供給してくれることで、どんな速度域でも加速力が強くドライバーにストレスを与えません。

また適切な回転数で小気味よくシフトアップしてくれる6ATもドライブフィールの良さに貢献してくれています。

独特な寸法を持つボディ、そして想定外に広いインテリア。さらには走りがいいとくれば、ヒットする素養はほぼ揃っています。さらにアクティブで快活なイメージを持つデザインを持っているクロスビーですから高人気なのにもうなずけます。

2018年上半期のスズキ登録車販売台数は6万8306台と過去最高となっていますが、この記録にクロスビーが大きな貢献をしていることは間違いないところです。

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ