BMW・1シリーズ次期型をスクープ!「M」には340馬力の直4ターボを搭載?

コラム Clicccar

BMWのコンパクトハッチバック「1シリーズ」の次期型プロトタイプをカメラが捉えました。

ニュルブルクリンク付近で捉えた開発車両は、ツインエキゾーストパイプやエアロパーツを装着していることからも高性能「M140i」開発車両と思われます。

新型には「X1」と共有する「UKL」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長。リアウィンドウは寝かされかなりスポーティなボディスタイルが期待出来るとともに、FRからFFへ変わることで、居住空間の向上を図ります。また3ドアは廃止され、5ドアのみの設定が濃厚のようです。

パワートレインは、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒エンジン、最高出力195psを発揮する2リットル直列4気筒エンジンやPHEVモデルをラインアップ。

頂点に君臨する「M140i」には、これまでの直列6気筒にかわり直列4気筒エンジンが搭載され、最高出力は320psから340psを発揮すると予想されます。またxDriveも搭載されるはずです。「1シリーズ」には純粋な「M1」は設定される可能性が低く、この「M140i」が最強モデルとなると予想されます。

ワールドプレミアの場は、当初10月のパリモーターショーと思われていましたが、この偽装具合から、2019年になる可能性もあるかもしれません。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ