【新車】シエンタが初のマイナーチェンジ。荷物の置き忘れを警告する機能を初装備。5人乗り仕様も追加

コラム Clicccar

2018年9月11日、2代目となる現行トヨタ・シエンタが初のマイナーチェンジを受けました。最大のトピックスは、2列シート仕様の追加で、ほかにもフェイスリフトや安全装備の強化、ハイブリッドモデルの燃費向上などが盛り込まれています。

 

好評を得ているという外観は、フロントバンパー、グリル、ヘッドランプ、ホイールキャップのデザインを変更することで、質感向上が図られています。

とくに、台形グリルの意匠変更が印象的で、改良前は、大きな横バーがグリル中央に配されていたのに対し、細かな(小さな)横バーが数多く配置されたデザインになっています。また、ボディカラーは、全6色を新設定し、モノトーンは新規設定色のベージュなどを含む全10色を用意。

安全装備では、ペダル踏み間違え時などに障害物を検知して自動ブレーキを作動させる「インテリジェントクリアランスソナー」を新設定。さらに、昼間の歩行者検知機能を追加した最新の「Toyota Safety Sense」を用意。

オプションで俯瞰映像を含むパノラミックビューモニターを設定しています。

ハイブリッドの燃費向上は、アクアと同じように、ハイブリッドシステムの効率向上により、27.2km/Lから28.8km/L(JC08モード燃費)に引き上げられています。

そのほか使い勝手も向上。パワースライドドアに予約ロック機能が新設定され、クローズ中に施錠操作を行うことで、クローズ後の施錠ができます(予約できます)。

また、日本初のリヤシートリマインダーの採用もニュース。後席に置いた荷物の置き忘れを通知する機能で、走行後にイグニッションをオフにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージが表示されます。

シエンタの価格帯(2列シート車、3列シート車を含む)は、177万6600円〜253万2600円です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ