【新車】新型レクサスESが採用するデジタルアウターミラーのメリット、デメリットとは?

コラム Clicccar

サイドミラー(ドアミラー)のミラーレス化は、2016年6月に道路運送車両法の保安基準が改定され、カメラとモニターで代用するミラーレス車が解禁されました。

ただし、適用期間が設定されていて、新型車は2019年6月18日から、継続生産車は2021年6月18日から、電子ミラー(カメラモニタリングシステム)搭載車が発売できるようになります。

2018年9月12日、日本向けの新型レクサスESに、量産車世界初となるデジタルアウターミラーを採用すると発表しました。

公開された写真を見ると、「ミラーレスではなく、ドアミラーがあるじゃないか?」というツッコミがあるかもしれません。

そう、レクサスESのそれは、「デジタルアウターミラー」で、車両のフロントドア外側に設置されたカメラで撮影した車両左右後方の映像をフロントピラー部に設置された5インチディスプレイに表示するという仕掛け。

カメラ部を雨滴が付着しにくい形状にしたほか、ディスプレイを室内に搭載することで、日夜を問わず天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保したとしています。

また、ウインカー操作やリバース操作と連動させるほか、表示エリアを自動的に拡大。ドライバーの操作で任意に表示エリアを広げることも可能だそうで、運転状況に応じた周辺確認支援を実現するとしています。

さらに従来のドアミラーを小型カメラに置き換えることで、斜め前方の視界を拡大するとともに、風切音低減による高い静粛性を実現するとしています。

日本での新型ESの発売は、2018年10月下旬を予定とのことで、どういった視認性になるのかは実際に映像を見ていないと分かりませんが、日産だけでなくホンダ(新型CR-V)なども追従しているスマートルームミラーのように、慣れが必要(ドライバーの焦点合わせなど)なのか気になるところ。

先述したスマートルームミラーのほか、現在市販されているSUVの中には、サイドアンダーミラーの代わりにカメラ映像を使ったモデルもあります。こうしたモデルに乗ると、個人的にはやはり慣れが必要に感じますし、映像に思わず見入ってしまう可能性もありそう。いずれにしてもドライバーの適応力も求められるかもしれません。

(塚田勝弘)

【関連記事】

クルマの「ミラーレス化」の長所、短所、課題とは?【オートモーティブ ワールド2017】
https://clicccar.com/2017/01/21/439004/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ