【安定の作動特性で安心】リーフに搭載される「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」の作動を実体験

コラム Clicccar

東京ドイツ村(千葉県)で開催されたプレス向けのイベント『日産オールラインナップ試乗会』では、リーフに搭載のインテリジェントエマージェンシーブレーキの作動体験もできました。

リーフのいわゆる“自動ブレーキ”はフロントウインドウ上部にセットされた単眼カメラで得た情報を画像解析して行われます。

衝突の可能性が高まるとまずはメーター内のディスプレイで警告表示をしつつアラームが鳴ります。それでもドライバーが制動操作を行わなかった場合には、自動的にリーフがブレーキをかけるというものです。

ちなみに作動範囲は10km/hから80km/hの範囲です。また歩行者に対しては時速60km/hまでの対応となります。今回は時速15km/hまで加速した後、速度を一定に保ちステアリングやアクセルブレーキペダル等の操作を一切行わずに前方障害物に突き進むという形を取りました。

実際に試してみると、前述のシステム作動要領通りに警告表示とアラームが車内に鳴り響きます。

少し怖いのですがそのまま何もせず障害物に向かって進んでいくと、衝突の直前にしっかりと深くブレーキが操作され、車体が大きく前に沈み込みながらピタリと停止してくれました。

なおこうして停止した後は3秒間はシステムがブレーキを保持してくれますが、それ以降は解除されます。何もしていないとクルマはクリープで前進してしまいますので注意が必要です。

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ