【SUPER GT2018 第6戦・SUGO】GT500は山本・バトン組が今季初のポールポジション!

コラム Clicccar

9月15〜16日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催中のSUPER GT第6戦「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE」。

15日午後に行われた公式予選。この日は朝から雨が降ったり止んだりの微妙な空模様でしたが、予選が始まる午後2時に頃には雨もすっかり上がり、ドライコンディションの中で予選が行われます。また久しぶりの9月開催で気温、路面温度ともに低めとなっているため、コースレコード続出が期待できそうな雰囲気。

予選Q1の残り2分を切ったあたりで、その時点で2番手のポジションだった日亜39号車DENSO KOBELCO SARD LC500がSPコーナーでコースアウトしてしまうというアクシデントで赤旗中断。

DENSO KOBELCO SARD LC500は赤旗原因となってしまったことでタイム抹消となりGT500の最後尾スタートとなります。さらに最後のアタックをしようとしていたチームが総崩れとなり、シリーズランキングで上位にいたKeePer TOM’S LC500、au TOM’S LC500、MOTUL AUTECH GT-R、WAKO’S 4CR LC500は軒並みQ1敗退というピンチを迎えてしまいます。

予選からの波乱の展開には全ての人が驚きを隠せません。

そんな衝撃の中で迎えたQ2。やはり予想通りのコースレコード合戦となり、1/1000単位でのタイム争いが熾烈を極めていきます。そんな中、最後の最後で100号車 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴選手が1分10秒248でトップを奪ってコースレコード合戦に決着がつけてのポールポジション。

山本選手の出したタイムによってポールポジションが決まった瞬間、チームメイトのF1チャンプ、ジェンソン・バトン選手がポールポジション獲得をアピール。

ピットの前で立役者の山本選手を出迎え、喜びの握手!

山本選手とRAYBRIG NSX-GTにとっては2017年の第3戦オートポリス以来のポールポジションとなり、ジェンソン・バトン選手にとってはSUPER GTに参戦して初めてのポールポジション。

高橋国光監督は「このポールから優勝を目指さないとただのぬか喜びになる。明日は絶対に優勝するという気持ちでレースに臨みます」と語っていました。

GT300クラスのポールポジションは61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。Q2開始からの3周目で山内英輝選手がいきなり1分17秒685という圧倒的なタイムをたたき出します。

その後、ライバルたちが果敢にアタックしていきますが、最後の最後で25号車HOPPY 86 MCが1分18秒384を出すも2番手。SUBARU BRZ R&D SPORTは唯一の17秒台でポールポジションを獲得しました。

ピットのモニターで予選を観ていたレースクイーンが、ポールポジションが決まった瞬間に感極まって涙を流すというシーンも。

そして山内選手がピットに戻るとQ1を担当した井口卓人選手が駆け寄って抱き合います。今期は第3戦の鈴鹿での表彰台以外まったくポイントが獲れていなかっただけに、このポールポジションはSUBARUにとって大きな価値のあるものといえるようです。

魔物が棲むというこのSUGO戦。決勝ではどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか。決勝は16日の午後2時から81周で競われます。

(写真:松永和浩、高橋秀彰 文:松永和浩)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ