【新車】アウディ・Q2が一部改良。ベーシックモデルにも最新の衝突被害軽減ブレーキを搭載

コラム Clicccar

アウディのSUV「Q」シリーズの中でも、他とは違うポリゴン(多角形)をデザインモチーフに使ったというアウディQ2。当時30代というマティアス・フィンク氏をエクステリア・デザイナーに指名し、日本でのQ2発表会にも登壇してそのデザインを説明しています。

2018年9月20日に受けた一部改良では、ベーシックな「30 TFSI」にも「アウディプレセンスフロント」とレインおよびライトセンサーが標準装備されています。

「アウディプレセンスフロント」は、自車速度約10km/h以上では前方車両を、自車速度約10-65km/hで前方を横断中の歩行者も検知。危険を察知すると警告音と警告灯で注意を喚起するのに加えて、状況に応じて軽くブレーキを作動。さらに、ドライバーが対応しないと自動的にフルブレーキを掛けて、追突時の衝撃を低減するエマージェンシーブレーキ。

警告からフルブレーキという流れは一般的ですが、軽くブレーキを掛けるという制御がポイントといえます。

また、オプションも充実化。「30 TFSI sport」と「35 TFSI cylinder on demand sport」に、Q2シリーズ初の「S line」パッケージを設定。

同パッケージは、スポーティな内・外装が魅力で、外観ではスポーツバンパーやS lineロゴが配され、内装にはS lineステアリングホイールやS line ロゴ入りのクロス/レザーシートが用意されています。さらに足まわりでは、スポーツサスペンションに「5スポークYデザイン」の18インチアルミホイールを装着。

価格は、1.0Lの直列3気筒ターボ(116ps/200Nm)を積む「アウディ Q2 30 TFSI」が2,990,000円、「アウディ Q2 30 TFSI sport」が3,700,000円。1.4Lの直列4気筒ターボを積む「アウディQ2 35 TFSI cylinder on demand sport」が4,110,000円。なお、駆動方式は全車FFで、トランスミッションはデュアルクラッチトランスミッションの7速Sトロニックが組み合わされます。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ