最高出力300ps! VWのハイスペック新型SUV「T-Roc R」生産型を初キャッチ

コラム Clicccar

VWの新型コンパクト・クロスオーバーSUV「T-Roc」の頂点に設定される「T-Roc R」生産型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

これまでも何度か目撃されましたが、ベースモデルのテストミュールで、これが初の生産仕様テスト車両です。

VW新世代モジュラープラットフォーム「MQB」を採用し、フロントマスクには性能を高めたラジエーターグリル、大型のコーナーエアインレットなど専用のバンパーを備えています。リアビューにはクワッドエキゾーストパイプとディフューザーが見られ、高性能モデルだとわかるエクステリアです。

さらにボディは若干ローダウンされ、フェンダーはワイドにされるほか、強力なブレーキ、大径ホイール、ハードサスペンションなどを装備します。

ベースモデルは7速「DSG」と組み合わされる直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」を搭載し、最大出力184psを発揮しますが、「R」では「ゴルフR」から移植される2リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載、最高出力は驚異の300ps超えと予想されています。

室内には、レザーステアリングホイール、ツートンシート、ブラックヘッドライナー、ステンレス製ペダル、ドアシルプレート、専用フロアマットなどが装備されるといいます。

「R」のワールドプレミアの場は2019年3月のジュネーブモーターショーが有力とされています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ