三角LEDは本物!? アウディ・A3次期型の高性能モデル「S3」をキャッチ

コラム Clicccar

アウディのコンパクトハッチバック「A3」の新型にも設定されるハイパフォーマンスモデル「S3」を初めてカメラが捉えました。

 

目撃した開発車両は、ベースモデルを圧倒する迫力のコーナーエアインレット、強いアクセントのあるキャラクターライン、クワッドエキゾーストパイプを装備しています。

また「A3」プロトタイプで見られた、三角形のLEDデイタイムランニングライトも見られますが、これが市販型にも採用されるのか注目されます。

次期型でもハッチバックスタイルは踏襲されますが、最新世代の「MQB」プラットフォームによりボディシルエットを刷新。100kg程度の軽量化が図られるとともに、ルーフエンドがラウンドしたクーペスタイルに進化します。

また顧客層を絞り、3ドアを廃止。5ドアと4ドアクーペが新たに設定される模様です。

キャビンには感覚フィードバック付き次世代タッチスクリーンを備えるインフォテインメントシステムを搭載し、操作性が大幅にアップすると見られています。

ベースモデルのパワートレインには、1リットル直列3気筒エンジンを搭載するエントリーモデル、1.5リットル直列4気筒エンジンのほか、48VマイルドハイブリッドやPHEV、さらにはフルEVモデルの設定も予想されています。

今回新たにキャッシした「S3」には2リットル直列4気筒ターボを搭載し、最高出力は初の300ps超えとなり、320ps〜330psが期待されています。さらに頂点に君臨する「RS3」は、最高出力が400ps超え確実と噂されています。

ベースモデルのワールドプレミアは2019年前半と思われ、「S3」は2019年後半から2020年に登場となりそうです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ