マツダ・CX-5のマイナーチェンジモデル!? 怪しいクロスオーバーSUV開発車両を目撃

コラム Clicccar

怪しいクロスオーバーSUVを目撃しました。かなりいびつですが、グリルやヘッドライト、さらにテールライトにいたるまで完全にマツダ「CX-5」を模倣しているようです。

カメラマンからの情報によれば、この開発車両はシュコダのクロスオーバー・SUV「コディアック」に設定される高性能モデル「コディアックRS」の開発車両だといいます。

上海VWによって中国で生産される「RS」は、20インチホイールを標準装備。全長4,600mm、全幅1,800mm、ホイールベース2,792mmで、7人乗りレイアウトを持っています。フォルクスワーゲンが開発したDSG7速デュアルクラッチオートマチックトランスミッションを標準装備し、最高出力186psと236psを発揮する2リットル直列4気筒TSIターボエンジンの搭載が予想されています。ベースモデルは前輪駆動ですが、ハインドモデルは4WDを備えるようです。

注目はこの高性能モデルが中国のみで販売されるのか、欧州へも投入されるかです。現時点では不明ですが、ヨーロッパでテストを行っているという情報もあります。

ワールドプレミアは9月前半に行われた成都モーターショーが有力でしたが、見送られたため、おそらく10月以降、年内には登場するはずです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ