【新車】新型CR-Vの初期受注は月間販売計画の4倍超。ガソリン車は57%、ハイブリッド車が43%

コラム Clicccar

2018年8月30日に発表された新型SUVのホンダ・CR-V。発売から1か月となる累計受注台数は9月30日現在で5,000台を超え、月間販売計画1200台の4倍以上という好調なスタートを切っています。

グレード別では、2.0L+モーターを積む「HYBRID EX」が15%、「HYBRID EX Masterpiece」が28%。ハイブリッドは計43%となっています。なお、ハイブリッドは11月1日からの発売ですので、基本的には試乗せずに(ガソリン車もそうかもしれませんが)オーダーしたことになります。

1.5Lターボのガソリン車は「EX」が23%、「EX・Masterpiece」が34%で、純ガソリン車は57%となっています。ハイブリッド車の試乗車が配備されれば、ハイブリッドが増えるかもしれませんが、発売1か月時点ではガソリンが少し上回っています。

ユーザーの購入ポイントは、「SUVならではの力強く頼もしい走破性を想起させるエクステリアデザイン」「全車に標準装備の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」「高い質感と使い勝手の良さを追求したインテリア」「低燃費と力強い走りの両立。ハイブリッドモデルはクラストップとなる25.8km/Lの燃費」「クラストップレベルの空間効率によって実現した、広くて快適な居住空間」「安心で快適な走りを可能とするダイナミクス性能」と、スタイルや内装の質感、広さ、走りや燃費など、全方位に渡って高く評価されているのが分かります。

また、ガソリン車には2列シート5人乗りと3列シート7人乗りが設定されていて、前者が68%、後者が32%と、2列シートを選択する人が多くなっています。

人気ボディカラーのトップ3は「プラチナホワイト・パール」が42%、「クリスタルブラック・パール」が23%、「ルーセブラック・メタリック」が11%となっています。

(文/塚田勝弘 写真/ホンダ、塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ