新型トヨタ・スープラに「マニュアル・ミッション」が設定? 右ハンドル国がターゲット。コンバーチブルも示唆

コラム Clicccar

欧州でオンライン予約がスタートしたトヨタ「スープラ」市販型に、3ペダル式「マニュアルモデル」をオプション設定する可能性があることが分かりました。

これは、主任技術者である甲斐氏が「Car Adivce Australia」のインタビューで語ったものです。

同氏は、左ハンドル市場でMTが排除されたと言及しましたが、その後右ハンドル・ドライブでは?との質問に対し「もちろん、右ドライブ市場である日本で販売する必要がある」と語った模様。右ハンドルということは、日本以外でオーストラリアやイギリスなどがターゲットとなりそうです。

これまでの情報では、BMW「Z4」のみMTを設定し、「スープラ」はDCT(デュアルトランスミッション)のみの設定でしたが、最後に思わぬサプライズが起こる可能性が高まってきました。また最後に同氏は、オープンモデルとなる「コンバーチブル・スープラ」の可能性も語っています。

予想されるパワーユニットは、最大出力200psと250psを発揮する2種類の2リットル直列4気筒エンジンをラインアップ。トップモデルは最高出力335ps・最大トルク500Nmを発揮するBMW製3リットル直列6気筒ターボエンジンモデルとなっています。

未だ正式発表次期の確定情報がありませんが、2019年1月のワールドプレミアが有力のようです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ