【F1女子が行く!F1日本GP2018】ついに夢が実現! ルノーF1ピットツアーに行ってきました

コラム Clicccar

1977年にF1への参戦を開始したフランスの自動車メーカー、ルノー。

シャシー、エンジンを自製するフルコンストラクターとしては通算35勝を記録しており、2005年と2006年には当時最強だったミハエル・シューマッハー(フェラーリ)を破りドライバーズ(フェルナンド・アロンソ)、コンストラクターズのダブルタイトルを獲得しました。

そして来シーズンはカルロス・サインツJrに代わり、ダニエル・リカルド(レッドブル)の移籍が発表され今注目されているチームの一つでもあります。そんなルノーさんからF1日本GPピットツアーにご招待頂き、夢のような体験をしてきました!

10月6日(土)、今日は待ちに待ったルノーF1ピットツアーの日! 「いつかF1の裏側を見てみたい」そんな憧れを抱きながら観戦し続けること早12年。ついに夢が叶う瞬間がやってきました。

写真付きのパスをもらい、ゲートをくぐるといつもテレビで見ている景色が目の前に広がります。ずっと行きたかった憧れの場所。言葉にならないほど感動しました。

そして一息つく暇もなく、ルノーのガレージへ! パドックに入っただけで大興奮なのに、いきなりルノーのガレージとは、もう思考回路ショート寸前です(笑)。

ガレージに入ると壁一面にトランシーバーが置かれていました。こちらは各セクションごとに用意されていて、それぞれ異なった回線でやりとりしているのだそうです。

ガレージではフリー走行3、予選に向けてマシンの最終調整中。なんとも言えない緊張感が漂っていました。

ドライバー頭部保護のために、今シーズンから導入されたハロを発見。重さは7kgあり、バス3台分の重さに耐えられるのだそうです。

ステアリングも持たせてもらいました! とは言っても、ステアリングは一個ウン百万円もする高級品。落としたらどうしよう…と恐る恐る持っていると「サンプルだからいろいろ触っても大丈夫だよ」と声をかけてもらいましたが、それでもやっぱり緊張しますね(汗)。

ステアリングには様々なダイヤルやスイッチがついており、レース中にこれらを操作しながら走行しているなんて信じられない! 改めてドライバーの凄さを実感しました。

ニコ・ヒュルケンベルグとクルーのヘルメットを発見! かっこいい〜! ちなみに、クルーのヘルメットが鳥に見えるのは私だけでしょうか…(笑)。

フリー走行3はガレージ内で見させてもらったのですが、マシンの温度、匂い、音全てに包まれ、感動しっぱなし。

マシン配置位置は決められていてガレージ内から見て向かって左がヒュルケンベルグ、右がカルロス・サインツJrです。クルーが混乱しないよう、一度決めたらずっとこの位置なのだそう。

ちなみにこの中で作業できる人は、それぞれ15人までとルールで決められているそうです。

マシンがガレージに戻ってくると、お立ち台が登場しました! ハロが装着されるまではマシンの乗り降りはお手の物でしたが、今年から少し大変そう。お立ち台を使いサインツJrがマシンから降りてきます。

目の前でヘルメットをはずすサインツJr。普段見せる優しい笑顔とは対照的な、真剣な眼差しが素敵です。

セッションが終わりに近づいて来る頃、ヒュルケンベルグがS字コーナーの出口でマシンのリヤエンドからタイアバリアにクラッシュ。クルーは大慌てで修復作業の準備を始めます。

特にリヤの破損が激しく「予選に間に合うかな?」と心配していたのですが、2時間後にはいつも通り走り出したのだから、さすがです!

ルノーのホスピタリティにもお邪魔しました。ここはドライバーやスタッフ、チーム関係者が食事や休憩、打ち合わせなどを行う場所で、とても日本とは思えない、まるで海外に来たかの様な空間でびっくり!

しかもドライバーも普通に出入りしているので、もう緊張しっぱなしです(笑)。ヒュルケンベルグは生ハムメロンを食べていましたよ。

ドライバー二人はとっても優しく、気さくに一緒に写真を撮ってくれました。来年からサインツJrがいなくなってしまうのは少し寂しいですが、マクラーレンでも頑張ってほしいですよね。

そしてパドックではたくさんのドライバーに会うことができたので、ここで少しだけ紹介しちゃいます!

モデルのようにスタイルが良いフォースインディアのエステバン・オコン(186cm)。来シーズンのシートがまだ決まっていなくて心配です。

メルセデスが日本GPでファンをサプライズでパドックに招待し、神対応で好感度が急上昇したバルテリ・ボッタス。

何度も何度も見たくなる、素敵な動画でした。

2011年イタリアで開催されたラリーイベントでの大クラッシュにより、F1から姿を消したロバート・クビサ(ウイリアムズ)に会えました。 お帰り〜!

またいつかF1で戦っている姿を見たいものです。

4度のワールドチャンピオン、ルイス・ハミルトン(メルセデス)にも会えました! さすがチャンピオン、オーラが別格です。

パドックの中を颯爽とキックスケーターで移動していたので写真は無理かなぁと思っていたのですが、妹に託された手作りフラッグを見せたら立ち止まってくれました。Thank you,Lewis!

アイスマンことキミ・ライコネン(フェラーリ)は、常に走り回っていました。なぜかって? ファンから逃げるためです(笑)!

ライコネンと対照的に優しかったのが、チームメイトのセバスチャン・ベッテル。「How are you」と声をかけてくれましたよ。

こちらで紹介した以外にもほとんどのドライバーを目の前で見ることができ、ドライバー大好きな私にとっては鼻血ものでした。

いつか行ってみたいと思っていたパドックエリアとガレージ。目の前に広がったF1の世界は全てが洗礼されていて、さすが世界最高峰のレースだなと体感させてくれました。

ルノーさん、最高の時間をありがとうございました!

(yuri)

【関連記事】

【F1女子が行く!F1日本GP2018】木曜日はドライバー祭り!顔色の悪いルイス・ハミルトン着ぐるみの最大の任務とは?
https://clicccar.com/2018/10/06/636403/

【F1女子が行く!F1日本GP2018】ゲームに勝って憧れのパドックエリアへ! サーキット内で見つけた面白ブースを紹介
https://clicccar.com/2018/10/10/637188/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ