2019年登場のトヨタ・ヴィッツ次期型は「ヤリス」に! 最強GRMNも設定か?

コラム Clicccar

トヨタの欧州Bセグメントハッチバック「ヤリス」(日本名 ヴィッツ)が、次期型で車名を「ヤリス」へ統一することが分かりました。新型の予想CGを公開します。

「ヴィッツ」は、「スターレット」の後継モデルとして1999年に日本で発売するとともに、世界戦略車「ヤリス」として欧州などでも販売されています。現行モデルは2010年に発売されており、8年が経過していますが、現在も安定した人気を誇るモデルです。次期型では、国内でも「ヤリス」へ改名し、内外ともに大刷新を図ります。

予想し制作したCGでは、地味なイメージのあった現行モデルを、トヨタ最新の流れを汲んだアグレッシブなデザインに大幅変更。フロントには、「オーリス」「カローラ」などの流れをくむ大口径グリルを装着しました。

ヴィッツの特徴である伝統的な大型ライトはそのままに、オーリスなどのデザインをプラス。かつ、中央を流れるLEDもアクセントに。両サイドの吸気口もグリルに合わせた縦型デザインにし、2本のバーを入れることでスポーティなイメージとしました。

サイドビューは、大胆かつ、シャープなキャラクターラインを取り入れ、より立体的なイメージにして、Cピラーもリアまで流れるデザインによりクーペスタイルに仕上げています。

次期型の最大の注目は、「TNGA」の一環として開発された「GA-B」プラットフォームの採用です。これにより、剛性や走行性能が向上すると見られます。ボディサイズは全長が3950mm、全幅が1700mmと僅かに拡大しますが、全高は変わらずスポーティなボディシルエットが予想されます。

パワートレインは直列3気筒「ダイナミックフォースエンジン」に統一、排気量は1リットル、1.3リットル、1.5リットルがラインアップされそうです。また1.5リットル直列2気筒+モーターのハイブリッドも設定、燃費は現行モデルの34.4km/Lを大幅に更新する45km/L程度が予想されます。

さらに、頂点には最高出力230psを叩き出す、直列3気筒ターボを搭載する「GRMN」が設定される可能性が高いです。

ワールドプレミアは、2019年東京モーターショーが有力で、2020年初頭には発売が期待できそうです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ