トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ

コラム Clicccar

トヨタ自動車が先頃、次世代環境車を専門に担当する200人規模の社内組織「トヨタZEVファクトリー」を立ち上げたそうです。

社内に分散していた開発、生産、事業など各部門の人材を新組織に集めて商品化のスピードを上げるのが狙いで、EV事業企画室を母体に新たにFCV(燃料電池車)開発や生産部門の人材も加え、開発から量産までを一貫して担当。

新組織は成長戦略の具体化に向けた重要な位置付けとなり、日経新聞によると「先進技術開発カンパニー」の寺師茂樹副社長がトップを担当するそうです。

米カリフォルニア州などでは、一定のZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)販売を義務付けており、トヨタは2020年を皮切りに世界で10車種以上のEVを販売する計画で、今後はFCVの商用車への車種拡大も含め、電動化を急ぐ考えのようです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

トヨタ自動車、2020年にレクサスUXベースの「EV」を国内で生産開始?
https://clicccar.com/2018/09/29/634022/

日産自動車が高級EVの量産を計画。2020年から栃木工場で生産予定
https://clicccar.com/2018/09/16/629438/

独・アウディがブリュッセル工場でSUV型EV「e-tron」の生産をスタート
https://clicccar.com/2018/09/09/627186/

トヨタが2020年代に向けた「電動化・自動運転」開発に年間2兆円超の投資!
https://clicccar.com/2018/09/08/626700/

ついに新型EV「EQC」がメルセデス・ベンツから登場!2019年上半期から生産へ
https://clicccar.com/2018/09/06/626247/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ