【新型CX-8試乗】ロードスター1.5Lの3列SUV版!? 気持ちよく吹け上がるガソリンNAが印象的

コラム Clicccar

マツダの大型クロスオーバーSUV・CX-8の改良新型が発表されました。11月29日からの発売となります。

CX-8はしっかりと大人が座れる実用的3列目シートを備えつつ、デザインはプライベート感が高い伸びやかなものとしたことで大人気となっているモデルです。実際、市場ではアルファードなどのラージサイズミニバン市場の一角を確実に食っています。

今回のモデル改良では、外観はホイール塗装色チェンジくらいで大きな変化はありません。先進運転支援システムでは歩行者検知機能が夜間対応となりました。

内装に関してはエアコンの操作パネルを水平基調のものにデザインし直しています。

またマツダコネクトの操作ダイヤルなどが形状変更されました。同時にApple CarPlayとAndroid Autoに対応するようになっています。

他に、パワーウィンドウのワンタッチ全開&全閉モードを4つのドア全てのスイッチに追加しました。

一方でパワーユニットはラインナップに大きな変更(追加)があります。

従来は2.2Lのクリーンディーゼルターボのみでしたが今回から2.5LのNAとターボエンジンが追加されてます。なおNAのスカイアクティブ-G 2.5はCX-5に搭載されているものと同様ですが、CX-8用は気筒休止が採用されていません。

まずはNA 2.5Lモデルにテストコースで試乗しました。

CX-5に対して3列目シートが追加され重量が増えた車体(1720kgから。一方でCX-5の2.5Lガソリン仕様は1550kgから)に対して190psと252Nmの出力ではパワー不足に思えるのでは?と思いましたが乗ると印象が異なりました。

確かにスカイアクティブ-D 2.2と比べれば加速感は大きくありません。またトルク量を補うために引っ張る特性のATによってエンジン回転は高めとなる傾向にあります。

しかしスカイアクティブ-G 2.5は精密にバランスが取られた設計のおかげで、高い回転を使うことが気持ちいいのです。このおかげで、常時高めの回転を使うことが嫌じゃない……どころかむしろ気持ちいい。まったくクルマの性格は異なりますが、まるでロードスターの1.5Lエンジン搭載車みたいな清涼感があるのでした。

続いて2.5Lターボエンジンに試乗しました。

こちらはとってもパワフル。 何しろディーゼルエンジンの450Nmの最大トルクに対して422Nmと肉薄しています。

一方でパワーに関しては190psに対して230psも得ていますから、実際に走ってみると最初はディーゼル並み、回していけばディーゼルを圧倒的に上回る伸び感が味わえるというわけです。

ディーゼルとガソリンが交錯することでわかりづらくなった感もなくはないグレード構成ですが、要するに2.5LターボはCX-8におけるトップパフォーマンス仕様と考えればいいのでは。

というわけでまとめると、従来のディーゼル2.2LはNBロードスターでいえば1.8Lで、今回追加の2.5L NAは同じく1.6L、そして新設の2.5LターボはNBロードスター・ターボといったところでしょうか。

え、たとえが逆にわかりづらい? 要するに「どのモデルにも魅力あり」ということです。

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ