【新型マツダ・CX-8試乗】新設定された2.5Lガソリンターボの走りはどうか?

コラム Clicccar

2017年9月に発売されて以来、1年間で3万台(月間あたり2500台)を超える受注を獲得したというマツダCX-8。ミニバンの生産から撤退し、3列シート車もSUVにシフトした戦略は、好調なセールスからするとまずは成功といえるのかもしれません。

CX-8の発売から1年強となる2018年10月25日に受けた商品改良は、2種類のガソリンエンジン車の追加など、パワートレーン、安全面、内装のクオリティアップ、快適性や静粛性の向上など多岐にわたっています。なお、10月25日から予約受注を開始し、発売は11月29日です。

ここでは、注目のガソリンターボエンジンについてご紹介します。同時期に商品改良を受けたマツダCX-5と同様に、2.5L直噴ターボを追加するとともに、2.5LのNAエンジンも加わっています。2.5Lターボは北米向けに設定されていたもので、日本にも導入されたことになります。

従来はディーゼルエンジンのみだったCX-8ですが、2種類のガソリンエンジンの追加は、街乗り中心の使い方や、より気持ちの良い加速を楽しみたいというニーズに応えるもの。

街乗り、短距離中心であれば2.5LのNAを、高速道路などを使ったロングドライブの機会が多く、パワフルな走りがお望みならば2.5Lターボを…というラインナップになっています。また、従来どおり軽油指定に加えて燃費のいい2.2Lディーゼルエンジンも引き続き用意されています。

ただし、待望の2.5LガソリンターボはCX-8では4WDのみの設定(CX-5には2WDも4WDも用意)。2WDは2.5LガソリンNAか、2.2Lディーゼルから選択することになります。

注目の2.5Lターボは「PY-VPTS」型。230ps/4250rpm・420Nm/2000rpmというスペックはCX-5と同様です。レギュラーガソリンを指定しながらこの高性能で、とくに分厚いトルクが目を惹きます。

CX-5と比べると1840mmの全幅は同じですが、CX-8の方が全長は355mm長く、全高も40mmも高くなり、しかも3列シートも搭載されています。さらに、2.5Lターボは4WDのみのため、車両重量は1860〜1890kgあり、CX-5の同エンジン搭載車よりも同グレードでの比較で210kgも重くなっています。

その分、CX-5ほどの驚くような速さはないものの、十分にトルクフルで高速域の伸びも申し分ありません。また、普通に運転している分には、ターボラグもほとんど感じさせず気持ちの良い走りを堪能できるのは大きな魅力。2.5LのNAと乗り比べると、NAでも実用上は不足なしというパワーフィールですが、爽快な加速感はターボが数枚上手。

2.5LターボのWLTCモード燃費は11.6km/L。2.5LガソリンNAの12.4km/L、2.2Lディーゼルエンジンの15.4〜15.8km/Lにはもちろん及びませんが、レギュラーガソリン仕様になっていますし、3列シート車でもパワフルな走りを味わいたい人には適任といえる存在といえそう。

なお、CX-8の価格帯は、2WDのみとなる2.5L NAが289万4400円〜375万8400円。4WDのみとなる2.5Lターボが374万2200円〜424万4400円。2WDと4WDの両方を設定する2.2Lディーゼルは、360万7200円〜446万400円です。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、小林和久)

【関連記事】

【新型マツダ・CX-5試乗】待望の2.5Lガソリンターボは鋭い加速が魅力。2.2Lディーゼルにはクラス唯一の6MTを新設定
https://clicccar.com/2018/10/11/638710/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ