11年ぶりのフルモデルチェンジ!「四駆女子」矢田部明子が新型JEEPラングラー発表会に突撃!

コラム Clicccar

11年ぶりにフルモデルチェンジした【新型 JEEP ラングラー発表会】が10月25日に舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で開催されました。

なんとすぐ目の前は、世界的に有名な夢の国。あま〜い、ポップコーンの匂いを掻き分け会場入りしました(笑)当然ながら【新型 JEEP ラングラー発表会】の発表会のために集まったJEEP達が駐車場に並んでいました。

おおう!こんなにJEEPが並んでいると、やはり迫力が違いますな!
もちろんクルマは全て好きですが、やっぱり四駆というジャンルのクルマの見た目は大好きです!もう、この駐車場を見ただけでもかなり満足。

実は、私の愛車は【ランドクルーザー76】なので四駆というジャンルのJEEPラングラーのフルモデルチェンジには期待を寄せていました。小ネタですが……トヨタが戦後、警察予備隊向けに米軍のジープのような4輪駆動車を開発してほしいという打診を受け、「トヨタジープ」というクルマを作りました。後に「ジープ」が商品名と知って「ランドクルーザー」に改名したというエピソードがあります。おそらく「ジープ」は英語で「四駆」という風に思っていたのかも!

ということで、今回は四駆女子である 矢田部明子 の【新型 JEEP ラングラー発表会】突撃リポートです!

ジープオーナー&ジープファン&メディア関係者が先着で1000名招待されていました。新型JEEPラングラー発表のほかにも、音楽家・坂本龍一氏を迎えてのトークセッションや、ペインター・DRAGON76氏(ジープが子供の頃から憧れのクルマだったとのこと。関西弁で親近感が沸きました)ライブパフォーマンス、GOSPEL SQUARE SINGERSによるゴスペルライブ(この日のために、JEEPを表現した歌を作曲)など、盛り沢山な企画が用意されていました。

ところで、私はふと疑問に思ったのですがアメリカが原産であるJEEPが何故こんなにも日本で売れると思いますか? 今日の発表会でも、ヘグストロム社長が話していましたが「日本は北米を除いて1番の売り手市場」だそうです。販売台数も2009年から年々増えています。
確かに、JEEPと聞くとオフロードのような悪路走行可能!というイメージがありますが日本の道路は綺麗に補正されて、世界的にみてもとても走りやすいと思います。

では、なぜJEEPが売れるのか?

一つの理由としてそれは、日本が地震などの自然災害が多い国だからだと私は思います。実際にJEEPラングラーのオーナーさんで東日本大震災を体験された方は「盛り上がった道路を着実に進んでくれるJEEPの姿に訳も無く涙が出そうになった。JEEPがいたから隣町に住む祖母の家にたどり着くことができた」と話していました。それから、これからくるかもしれない大地震や、何かのアクシデントを切り抜ける心強い見方としてJEEPを購入する人もいるのではないかと思います。あくまで私の見解ですが。


そんなJEEPの中でも、走行性能が高いとされるシリーズの「ラングラー」が今回11年ぶりにフルモデルチェンジされるのです。自慢じゃないけど、初代ラングラーは1987年に誕生しているのですが、私と同じ生まれ年なんです。だからよく「ランドクルーザーに乗るより、自分と産まれ年のラングラー乗りなよ〜」と言われます。私がJEEPラングラーに乗らないのは、ラングラーがJEEP MBの直結モデルだけあって節々に軍用車として使用されてきた面影が残っているからです。より実用的に、クルマに乗っている人を守るために設計されたラングラーは、私からするとそのままどこかに行ってしまうような気がして寂しい気持ちになるのです。
まあ、盗難被害に合わない限り どこかに行くなんて事はないのですが(笑)

では、そろそろ本題に戻りましょう←ここまで長かったですね、ごめんなさい。

エンジンが3.6リッターペンタスターV型6気筒エンジンは回転が軽やか、8速オートマ導入によってエンジンの回転の効率の良い部分を使えるように。また、フレームが頑丈になりボディ剛性が高くなることで、より強く逞しいクルマになりました。ボディをアルミにすることで軽量化(約100kg)をはかり燃費向上も実現したそうです(約1.5倍位向上)。
他には、寒い時でもハンドルが暖かい!という、これからの季節にはもってこいの「ハンドルヒーター」がラングラーシリーズに初登場。←グランドチェロキーには付いていたんですけど、ラングラーには無かったのです。

実際に試乗したことのある【JEEP所沢 山中哲治さん】に伺うと……
走りは全く違う印象を受けたそうです。なにより、ハンドリングがとても良くなったとのこと。初めてクロカン四駆というクルマに乗った人でも違和感無く乗れる&もともと乗っていた人にとっては荒いところが削られた上質な走りになったそう。
今回は発表会だったので、試乗はできなかったので試乗記はまたの機会にでも!

発表会の主役となった【新型JEEPラングラー】は11月23日に発売。価格は459万円〜530万円。11年の進化をしっかりと見せてくれると思います。

(文/矢田部明子 写真/吉野健一)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ