【TOPIC】新型「BMW X5」をパワフルに演出する「Mパフォーマンス パーツ」誕生!

コラム Clicccar

BMWは10月25日、10月のパリモーターショー2018にてワールドプレミアを果たしたばかりの4世代目「BMW X5」に、早くも「Mパフォーマンス パーツ」を設定すると発表した。

このMパフォーマンス パーツとは、BMWの純正アクセサリープログラムのこと。「M」の頭文字が示唆するように、モータースポーツのスペシャリストである「BMW M GmbH」からフィードバックを受けた一連のアクセサリーコレクションで、ビジュアル面だけでなく、空力面や軽量化など機能の向上に貢献する。

エクステリア用のアイテムでは、CFRP製の専用エアロパーツが充実。各パーツとも手作業でクリアコーティングを吹いたあと、ハイグロスのポリッシュ加工を施される。フロントにはバンパー用のエアインテークトリムやウイングレット、リヤにはディフューザーやウイングレットなどを用意。ドアミラーケーシングもCFRP製にできる。

ボディ側面には、フロントからリヤのホイールアーチにかけて走るマットブラック仕上げのカバーが装着可能。

X5の悪路走破性能を堪能したい向きに歓迎されそうなのが、20インチ「Mスタースポーク748 M」アルミホイールとオールテレインタイヤの組み合わせ。乗り心地も良好で、ウインタータイヤとして威力を発揮するという。

これとは別に、22インチの「Mパフォーマンス スタースポーク 749 M」アルミホイールの選択肢もある。こちらはフローフォミング加工が特徴で、同サイズのホイールと比べて1本当たり約1kg軽く、バネ下重量が4kgほど軽くなる。

ブレーキも見どころだ。フロントはアルミ製4ピストンキャリパーに、19インチ径のベンチレーテッド・パーフォレーテッド・ディスクが組み合わされ、高度な耐フェード性能を誇る。レッドのキャリパーはオープンリムデザインのスタースポーク 749 Mと組み合わせると一際印象的だ。

インテリアにもモーターレース由来のコンポーネントがずらりと並ぶ。例えば、Mパフォーマンスステアリングには2タイプが用意される。握りの部分が滑りにくいアルカンターラ張りで、12時の箇所に直進方向を示すレッドのマーキングが入るタイプが一つ。もう一つはアルカンターラとCFRPを組み合わせたタイプ。シフトパドルも通常のクローム仕上げの代わりにCFRP製に変更できる。

「Mパフォーマンス ドライブ アナライザー」もモーターレースのノウハウから直接生まれたデバイスで、走行中の車両ダイナミクスデータを記録し分析する。

BMWが新しいプレミアムSAV(スポーツ アクティビティ ビークル)と謳うX5は、2019年3月に世界の市場で販売開始となり、それとタイミングを合わせてMパフォーマンスパーツも入手可能となる。

TEXT/相原俊樹(Toshiki AIHARA)

(GENROQ Web編集部)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ