【新車】カタログ落ちしていたベンツ・Vクラスに、ガソリンエンジンを搭載した「V 260 ロング」を設定

コラム Clicccar

1998年に欧州のミニバンとして初めて日本に導入されたメルセデス・ベンツ Vクラスは、リヤエンターテインメントシステム など日本のニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図ってきたことで、 累計販売台数約3万台のロングセラーモデルとなっています。

実は2018年夏以降、日本の公式ホームページからVクラスが消えていました。広報部に確認すると、ドイツ本国のディーゼルエンジンの問題により日本での販売も一時中止されていたようです。

そんな中、11月5日、現行Vクラス初のガソリンエンジン搭載モデル「V 260 ロング」が250台限定で同日から注文の受付を開始しています。納車は2019年1月頃の予定となっています。

2.0Lの直列4気筒直噴ガソリンターボを積む「V 260 ロング」は、7速ATの「7G- TRONIC」の組み合わせ。スペックは、欧州仕様参考値として最高出力211PS/155kW、最大トルク350Nmを発揮するそう。

装備では、人気の安全運転支援システムである「レーダーセーフティパッケージ」、本革シート、 リクライニングが可能な3列目ベンチシート、センターコンソールアンダーボックス(ドリンクホルダー、カバー付)が標準装備されます。

さらに足元には、グレーペイント18インチ5スポ―クアルミホイールを装着。内装にはブラウンウッド調インテリアトリムが用意され、高級感のあるキャビンとなっています。

「V 260 ロング」のボディカラーは125台限定の「オブシディアンブラック」、125台限定の「ロッククリスタルホワイト」の2色。価格は7,380,000円です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ