【ホンダ・ジェイドRS 試乗】想定以上に機敏なハンドリングと元気のいい直噴ターボエンジン

コラム Clicccar

ホンダ・ジェイドは当初、3列シート専用モデルとして登場しましたが、マイナーチェンジで2列シート仕様が追加されています。

その2列5人乗り・スポーティグレード「RS」(1.5L直噴ターボエンジン搭載モデル。ほかに1.5Lハイブリッド車もあり)をチェックしている記事の第2弾、今回はインテリアと走りについてチェックしてみます。

まずはラゲッジルームをチェックしてみましょう。バックドアに電動オープン機能はついていませんが軽い操作で開けることができます。

大きく厚くてボリューム感のある純正オプションパーツのトノカバーに覆われたラゲッジルームは、もともと3列目シートも設置できる設計なので相当に広いです。

ラゲッジアンダーボックスのフタは二段階に分けて開くことが可能です。テールゲート側には幅広くて深い、大きめのボックスがあり、後席側にも別体で2つのスペースが設けられています。

1つは三角停止表示板を入れるのにぴったりなもので、もう1つは家庭用サイズのビフィズスヨーグルトが余裕で入りそうなスペース。洗車道具などを置くのによさそうですね。


リヤシートは頭上スペースもヒザ前空間にも余裕があります。後席は3人がけ仕様ですけれども、センター部分の座面は固く、ヘッドレストも左右席に比べて小さめのものとなっていますので、基本的には左右2人がけと考えた方がよさそう。

センター部には回転格納式のミニテーブル&カップホルダーが埋め込まれていることからもそれは明らかです(この機構が座りよりも優先されてそう)。

実際にこのクルマを使用するときにはこのテーブルは常に開けている状態なのが前提でしょう。

前席の間には後席用のエアコン吹き出し口もセットされています。

フロントシートはやや小ぶりで、サポート部の盛り上がったスポーティーなタイプです。

インパネ形状はシンプルな面で構成されています。オーディオ等のスイッチがタッチパネル化されていることで物理スイッチの数が少なく、インテリア全体のシンプルな印象を強めています。

実際に乗ってみました。

ジェイドのCVTには無段階変速のほかに加速時、アクセルの踏み方や車両の置かれた状況などによってはステップシフト制御が行われます。

これはDCTのようにステップを刻みながら変速していくもので、運転フィールの向上に寄与しています。また、強く減速するときなどにはやはり擬似的に有段ギア的にステップを切りながらエンジンブレーキをかけてくれる機能もあります。

エンジン自体も想定外に元気で、1450kgという軽くない車体を軽快に引っ張ってくれます。

ハンドリングに関してはこの大人っぽい見た目から想像しづらいんですが、ステアリングの操作に対してかなり機敏に車体が向きを変えるセッティングになっています。

こうしてジェイドRSの内外装をチェックして、走りながら考えました。「果たしてこのクルマはどういうユーザーに向いているんだろう」と。

少なくともジェイドがデビュー当初にまとっていた方向性である「ミニバンにしては背が低い」と言う切り口では難解だろうなということは確かです。

・大人四人がしっかり乗れて荷物を積むスペースも広大。
・ピックアップのいいエンジンと元気のいいハンドリング。

これらの要素を取り出してみるとピーンと連想される車種がありました。フィットRSです。

ではこのフィットRSに近いモデルはなんだ、と逆算してみましょう。

ホンダには、シャトルという大容量ワゴン(全長×全幅×全高:4400×1695×1545mm)が存在していますが、シャトルはラゲッジ容量の大きさを強くアピールする車種で、スポーティという印象が前面に出てくるものではありません。

実はジェイドの全高はシャトルとわずか5mmしか変わりません(全高:1540mm)。つまり十分な高さで室内容積を確保しているにもかかわらず、全長の長さと全幅のワイドさ(全長×全幅:4660×1775mm)でどっしり安定したスポーティな見た目を獲得しています(もちろんデザイナーのセンスによるものも大きいです)。

人と荷物をいっぱい積めるという、標準フィットの延長上にあるのがシャトルだとすれば、多く積める上でスポーティーさも命のフィットRSの先にあるのはジェイドでしょう。

というわけでジェイドRSは、「フィットRSの上級・大型・ハイパワー版」だと考えるとキャラクター的に分かりやすいと思います。

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ