トップオブGT-Rを公道で走らせて分かった楽しみ方とは?【ニッサンGT-R NISMO試乗・前編】

コラム Clicccar

日産が「プレミアム・スーパースポーツ」と呼ぶ、GT-R NISMO。現在販売されているのは「2017年モデル」で、2016年8月より販売開始されたモデルです。

「純粋にパフォーマンスとドライビングの歓びを極めるために誕生した」といわれるこのGT-R NISMOには、SUPER GTの”最速のテクノロジー”がフィードバックされているそう。

空力パーツには、空気抵抗やダウンフォース、冷却性能を高次元でバランスさせた、最新のエアロダイナミクスが織り込まれており、441kW(600PS)を受け止めるボディにも、NISMO専用ボンディング(構造用接着剤)を採用し、さらに剛性を向上。加えて、よりサーキット走行に適したハイレベルなサスペンションセッティングが施されています。

……と、オープニングからして、「ただモノ」ではない「GT-R NISMO」に、まさか一般の公道で試乗する機会をいただけるとは、想像もしていませんでした。

「ついてる!」としか言いようのない我々取材チーム「しかし、我々に、このクルマの性能をレビューすることができるのか……?」、不安と疑問を心に抱きつつ、横浜にてGT-R NISMOを受け取り、小田原方面へとクルマを走らせました。

「GT-R NISMO。ワークスチューンでしか到達できない速さと歓びがここにある」というカタログのうたい文句の通り、まともにレビューさせていただくなんてことは、今回の走行シーンでは不可能ですし、残念ながら筆者はそれほどのドライビングスキルも持ち合わせていません。

「GT-R NISMOのハンドリングがいかに究極なのか?」が知りたい方は、他のclicccarジャーナリストの記事をご覧になることをお薦めします。本記事では、「GT-R NISMOを公道で試したらどんな楽しみ方があるのだろうか?」を紹介することに注力することにします。

試乗したのは「GT-R NISMO 2017モデル」(6速DCT、AWD、車両本体 税込1,870万200円)。これにオプションで専用ボディカラー(ブリリアントホワイトパール:+43,200円)、プライバシーガラス(32,400円)、NISMOエンブレム付き専用フロアマット(138,240円)を追加した仕様です。

車両本体価格の消費税だけでも135万5,200円、「手垢を付けたら罰金1万円かな……」と思うほどに、GT-Rのキーを受け取った瞬間から緊張していました。

パワートレインは6速DCTと組み合わされる3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジン、最高出力600ps、最大トルク66.5kgmを発生。専用のカーボン製のフロントとリアバンパー、リアスポイラーを搭載し、「300km/h走行時に2014年モデルから100kg増し」のダウンフォースを得たそう。

空気の力は車速の2乗で効くことを考えると、100km/hで約11kgのダウンフォース増加ということ。「それって体感できるのか?」という問いに対しては、正直なところ、筆者には良く分かりません。

【GT-R NISMOの楽しみ方NISMO色全開のレーシーな内外装デザインをみて「にやり」】

このクルマの最大のポイントは、エクステリアの専用フロントとリアバンパー、リアスポイラーではないでしょうか。

「GT-Rは直線的でつまらないデザインだ」と揶揄される方もいらっしゃいますが、でもこれらは、よくある「なんちゃってエアロバンパー」などではなく、いかにダウンフォースを増やすか研究の上で「ロジカルに作り出された」もので、私は、これらの造形には「メカニカルな色気」が宿っていると感じます。

一方のインテリアは、車内のいたるところに施されているアルカンターラ貼りで今風のレーシーな雰囲気が演出されており、「豪華」というよりも、シンプルで落ち着いた印象を受けます。

そして、この赤い色を見ると、「今まさにNISMOに乗っているんだ!」と心が躍り出します。朝、自分のガレージを見て、このクルマが止まっているのを見れば、あなたの「所有欲」は間違いなく満たされ、思わず「にやり」とすることでしょう。

【GT-R NISMOの楽しみ方「理性」と闘う】

このクルマ、アクセルペダルを踏み込む「理性」をコントロールする楽しみ方もできます。料金所通過直後や追い越し車線で、制限速度範囲内で加速をすれば、筆者が過去に乗ったどのクルマよりも速く、あっという間に高まる速度に、思わず心が躍ります。その荒々しい音質のエキゾーストの音も、「身震い」を感じるほどに刺激的です。

この「圧倒的な加速感」に慣れないドライバーであれば、恐怖で100km/hに至る前にアクセルを戻してしまうほど。そう、車速が低くても感じるこの「加速感」は、GT-R NISMOの楽しみ方の一つかもしれません。

最近のニュースでは一般道で280km/hで暴走をしたクルマ(なんとなくGT-Rに似ていたような……)が話題ですが、このドライバーは、GT-Rの本当の楽しみ方に気づけなかったのかも知れませんね。

さて前編では、強烈な印象を与えてくれた『GT-Rの公道での楽しみ方』をお伝えしました。後半も引き続き、GT-R NISMOの楽しみ方と併せて、次期型GT-Rに対するGT-Rファン代表としての想いをお伝えできればと思います。(続く)

(文:吉川賢一/写真:鈴木祐子、藤野基就)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ