【新型デリカD:5】ヘッドライトは「縦型」!? 大規模マイナーチェンジは上質なインテリアにも注目

コラム Clicccar

三菱自動車のデリカD:5が大規模マイナーチェンジを受けて登場しました。

ここでは標準モデルをベースにして紹介し、新規追加されたエアロモデルであるアーバンギアについては別記事で解説します。

マイナーチェンジでの一番の特徴は外観の変更です。三菱が採用範囲を拡大し続けている、自社独自の顔つき(デザインアイデンティティ)「ダイナミックシールド」は過去最高の大きさと言えるものが適用されました。

グリル部分に関しては4本の太いメッキバーが並んでいますが、それぞれにハニカムの穴が繊細に並んでいるのが特徴的です。

ライト類も特徴ある配置と造形になっています。最上段にセットされているのはポジションランプ。

センターグリル左右に独立して配置されている縦型のものはヘッドライトです。ロービームとハイビームが左右2本ずつ配置されています。


ヘッドライト下部にウインカーが仕込まれており、さらに下にはフォグランプがセットされています。

サイド面での特徴は新デザインの18インチアルミホイールです。ほかに16インチもあります。

またデリカと言えば最低地上高を大きく取ったオフロード志向ルックが特徴でしたが、そのテイストはもちろん引き継がれています。ただしカタログ数値で見ると従来モデルは210mmあった最低地上高が新型モデルでは185mm(プロトタイプでの数値)に減少しています。

これは車高を下げているというわけではなく、計測方法が新型と従来型で変わっているからです。

具体的には新型はアンダーカバーの位置から計測しているためこのように数値が異なってきています。実質的な最低地上高は従来モデルと変わらぬものが確保されていると考えて良いと思います。

テールまわりも大きく変更がされました。

テールランプ造形が従来モデルよりも大きくなり、内部点灯パターンも変更されグラフィカルなものとなっています。

また左右のテールランプをつなぐガーニッシュはレッドとクリアーが大きな範囲で使われたものとなり、テールランプ造形と合わせリアから見て一目でデリカD:5とわかる形になっています。

ボディカラーはブラックやシルバーなどの硬質なイメージのカラーが用意されます。

モノトーンではホワイトパールとスターリングシルバーメタリック、ブラックマイカ、エメラルドブラックパールが用意されます。2トーンではホワイトパール×スターリングシルバーメタリック、アイガーグレーメタリック×ブラックマイカなどの4パターンが用意されました。

インテリアではインパネが全面的に変更されたことが大きなニュースです。

水平基調のデザインとされセンター部分には10.1インチの大型モニターがビルトインされる現在的なものになっています。

また標準モデルでは木目調のパネルがインパネとドア部分にセットされています。

シートはファブリックが標準で、オプションとしてレザーシートも設定されています。

2.2Lのディーゼルターボエンジンには新開発の8速ATが組み合わされます(従来は6AT)。信頼ある4WD車についても継続設定されていますので、アウトドアテイストあふれる本車が好きだった方をがっかりさせることはありません。

また衝突軽減ブレーキやACCなどの先進運転支援システムもこの変更を機に新規装着されています。

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ