高速で横飛びするドリフトマシンに未来のF1レーサー「名取鉄平」もビックリ!【FIA Intercontinental Drifting Cup 2018 TOKYO DRIFT】番外編

コラム Clicccar

2018年11月2〜3日、東京・お台場にて行われたドリフト世界一決定戦、【FIA Intercontinental Drifting Cup 2018 TOKYO DRIFT(FIAインターコンチネンタル・ドリフティングカップ2018東京ドリフト)】(以下FIA IDC)。

13の国&地域から20名のドリフターが集まり、時折雨粒が降る超寒い中、熱い熱〜いバトルが繰り広げられました。

2017年の第1回大会は日本の川畑 真人選手(TOYO TIRES GLION TRUST RACING/R35 GT-R)が総合優勝をしましたが、今回2018年の第2回大会は総合優勝:ゲオルギィ・チフチャン選手(ロシア/Russian Drift Series Team/S15シルビア)、2位:イヴ・メイエー選手(スイス/Eventseelisberg/BMW M2)、3位チャナッポン・ケードビアム選手(タイ/Achilles Radial/アルテッツァ)と、海外勢が表彰台を独占。

でも、これこそ「世界一決定戦」へと成長している証でもありますね。

この日、末永正雄選手(TOYO TIRES GLION TRUST RACING)ドライブの現役D1マシン、1000ps・R35 GT-Rに同乗体験走行をしたレーサー・井出有治選手。そのサポートとして同行した18歳の青年がいました。

彼の名は「名取鉄平」。自身もF1にチャレンジした経験を持つ井出有治選手が「名取は、F1へのチケットを手に入れられる可能性がある中のひとり!」と紹介する、期待の若手です。

2017年、鈴鹿サーキットが「勝てるF1レーサーを育てる!」べく行っている「鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ」のスカラシップ選考会を首席で卒業。その年のスーパーFJレース(フォーミュラレースの入門カテゴリー)日本一決定戦で優勝。

翌2018年スーパーGT選手権と同時に行われている「FIA-F4選手権」に、Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクトより参戦しシリーズ2位と、ホンダの若手超お宝レーサーとして注目を浴びているダイヤの原石のひとりなのです。

また、全日本カート選手権の最上位クラスOKに、井出有治チーム監督率いるTeam Birel ARTから参戦。11/18の最終戦を前にシリーズ2位と、カートのスペシャリストとしても活躍中。

そんな「元F1レーサー・井出有治選手」と「未来のF1レーサー・名取鉄平選手」のおふたりを追いかけつつ、FIA IDC会場内をチェックしてみましょう。

さて、この日のお台場会場は、前日のD1最終戦とともに入場無料のフリースペースが多くとられていたのも特徴でした。

そんな中、国内外の各自動車メーカーから人気のクルマ、86 GRMN、GT-R NISMO、LEAF NISMO、S660 Modulo X、NSX、OUTLANDER PHEV S Edtion、SWIFT SPORT、COPEN Robe、ROADSTER NR-A、CLA45、M3 Sedan M Heat Edition、CHEVROLET CAMARO SS……が展示されていました。

しかもこの中の何台かは乗り込み&撮影自由という太っ腹! 1800万円のGT-Rには人だかりができていました。

また、OUTLANDER PHEV G Premium Packageは実況席の電源供給他用として、CHEVROLET CAMARO CONVERTIBLEはレースクイーンを乗せパレードをするなどご協力いただきました。

いつもはドリフトコース内に設置されているモンスターエクストリームショーの飛び台? ですが、2018年はフリースペースに設置。ものすごい近くを、まるで空を飛んでいるようなスタントバイクに井出&名取選手もビックリ!「ウォ〜! すげ〜!!」

最近のクルマ系イベントは、フードエリアが充実しているんですよね。それも、お弁当屋さんとかではなくトルコのケバブ屋さんにステーキ丼、韓国料理などFIA IDCと同じくコチラもワールドワイドな料理屋台がたくさん。

「あれ〜、スイーツ系が少ないから2019年はクレープ屋さんでも出店しようかな!」と、D1GT-R同乗走行後のオヤツにケバブを頬張る井出選手。ソレいいですねぇ〜!

前日のD1最終戦でD1からの引退を表明したのむけんこと野村謙さんをフリースペースで発見したので3ショット撮影を。

この日ののむけんは、引退後初仕事!となる、R35 GT-Rエンジン搭載の「ビタボンハイエース」でのドリフトに挑戦しました。路面はセミウェット、腕と根性で「見事なドリフトっぽいデモラン」(!)に大歓声が!

「のむけんはエンターティナーそのものですね! しかしクルマって、そう簡単には横転しないもんなんですねぇ」、確かに。

その後ピットエリアに移動し、FIA IDCの参加マシンたちを見学に。2017チャンプマシンの川畑号を撮影しようと試みたものの、クラッシュやメカニカルトラブルでガレージ内がピリピリで断念。この雰囲気は、ドリフトもフォーミュラレースも同じ。戦うプロの世界です。

また、この日はデモラン走行のみの雨さん監督ともパチリ!「井出クンさぁ、オレはレースなんか好きじゃなかったんだよね〜。で、どーなのよ井出クン! 女紹介しようか!!」「雨さんってず〜っと喋ってるんですね。面白い!」と、(多分)初めて会うチューニング界のレジェンド・雨さんに唖然とする名取選手であった……!

FIA IDCをスタンド席から観戦した井出&名取選手。風向きによっては物凄いタイヤスモークを浴びたふたり。

「ヒャ〜、なんかそのうち、煙でタイヤメーカー名が分かるようになりそう。利き酒ならぬ〔利きタイヤ〕のタイヤ・ソムリエになれちゃいそう(涙)!」

井出選手とお馴染みのレース専門のプレスも一緒に観戦、歓声と驚き、笑いも起こるドリフト競技は、プレスにとっても物珍しいようです。

しかし、終盤に向かい雨が降り始めてしまい、当然タイヤスモークも出なくなり……

「ドリフト競技には、煙いけどタイヤスモークもないと雰囲気が出なくて物足らないですねぇ。スキール音とタイヤスモーク、ドリフト最大の演出なんですね!」とおふたり。

フォーミュラの世界にどっぷりと浸かっていた井出有治選手と、もうすぐF1を手中に収めることも可能な名取鉄平選手に、ドリフト三昧だった一日を振り返っていただきました。

名取:ドリフトのクルマって、スーパーGTとはまた違う派手さが凄いですね。なんかヤンチャな感じで!
それに煙の量とかも含め、普段のボクたちのレースとは違ったものがあって。クルマの振らし方とか、追走でいかに相手と近い状態でドリフトするとか、日頃とはちょっと違うステージのクルマを楽しめました!
ボクのクルマはシビックなんですけど、FRのドリ車借りてちょっとやってみたい感じ! あ、遊びでね! だってレース以外で順位はつけられたくないですもん!

井出:今日は途中から雨降っちゃったからタイヤスモークも出なくなってちょ〜っと残念。しかし5年前くらいでしたか、初めてD1を見た時と違い、クルマの熟成度やスピード、ドライバーのテクニックも凄く上がっていてビックリしました。
それを直接見られて、しかも助手席に乗れたことがとても楽しかった。ホント、同乗は感動した! ボクは怖すぎる(!)のでドリフトはやってみたいとは思わないですけど、見るのはとっても楽しいので機会があるときに、暖かいときにまた観戦してみたいですね!

トラストの池田社長より「速さを求める究極のドリ車は、普通にタイムアタックをしてもとっても安定しているんです。井出選手、今度は同乗じゃなく運転してみてください!」との伝言がありますので、次は試乗でタイムアタック! いつにしましょうか!

(文:永光 やすの/写真:FIA IDC・サンプロス・GTA・永光 やすの)

【関連記事】

「1000psをドリフトコントロールするってスゴイ!」フォーミュラ出身レーサー・井出有治、現役D1マシンに同乗走行!【FIA Intercontinental Drifting Cup 2018 TOKYO DRIFT】番外編
https://clicccar.com/2018/11/09/650999/

のむけん引退、新王者誕生…笑いと涙と歓声が響いた「お台場TokyoDRIFT」【D1グランプリRd.8最終戦】
https://clicccar.com/2018/11/08/650322/

SHIBUYA109前がドリフト色に染まった日。FIA IDC Tokyo Drift2018が渋谷をジャック!
https://clicccar.com/2018/10/18/640569/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ