「初音ミク」がドライバーをサポート! ホンダ・S660向けiPhoneアプリがリリース

コラム Clicccar

クルマで使えるスマホ・アプリが数多く登場しています。今秋からは「Apple CarPlay」でも「Googleマップ」が使えるようになるなど、その利便性を享受している方も多いのではないでしょうか。

2018年11月15日、ホンダはネット上でのエンターテインメントコンテンツなどを手がけるドワンゴと共同開発したiPhone向けアプリ「osoba(オソバ)」のサービスを2019年1月から開始すると発表しました。

osobaは、ホンダS660のセンターディスプレイ装備車向けに開発され、USBを経由して取り出された車速、走行距離、外気温、灯火点灯状況などの車両情報をもとに適切なタイミングでキャラクターがドライバーに対して発話するという、無料のアプリ(通信費はユーザー負担)。

今回リリースされるosobaの発話キャラクターには、若者を中心に人気を得ているバーチャル・シンガーの「初音ミク(ハツネミク)」が起用され、初音ミクの声でドライブがより楽しくなる情報や、安全運転に役立つ情報、車両のメンテナンスに関する情報などをドライバーに提供。

ホンダとドワンゴでは、クルマとコンテンツを掛け合わせることにより、新たな体験や価値を提供する新サービスの創出を目的とした共同研究を今後も進めると表明しています。

なお、osobaのサービス提供に向けて、初音ミク楽曲コンテストをはじめとした企画が展開されるそうで、詳細な情報や今後の展開についてはosoba公式サイトで順次公開されるそうです。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

osoba公式サイト
https://www.osoba.ai/?from=newslink_text

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ