【新車】スバルXVの北米仕様に8.8kWhのリチウムイオン電池を積んだプラグインハイブリッドが登場

コラム Clicccar

スバルXVの北米仕様といえる「クロストレック」に、プラグインハイブリッドシステム『SUBARU StarDrive Technology』を搭載したグレードを新設定。2018年11月30日から一般公開される2018 ロサンゼルスオートショーにて実車が公開されることが発表されました。

日本仕様のフォレスターやXVに設定されている「e-BOXER」と異なる名前が付いてますが、それもそのはず。北米でデビューする『SUBARU StarDrive Technology』は、完全に新設計の2モーターハイブリッドです。ブレーキについても回生ブレーキを有効活用できる電子制御システムとなっています。

注目のバッテリーは、総電力量8.8kWhのリチウムイオン電池。この総電力量はトヨタ・プリウスPHVと同じスペックで、25.0Ahの容量、総電圧351.5Vという数値も同じものとなっています。また、家庭用コンセントから充電できるような仕様になっているのもプリウスPHVと共通しています。

この部分に注目すると、まるでプリウスPHVのユニットを流用したように感じるかもしれませんが、駆動モーターの最高出力は118hpと、プリウスPHVのモーター最高出力が72PS(日本仕様のため単位が異なります)となっているのと比べると大きくなています。

北米ではSUVにはトーイング能力を求められる部分もありますし、スバルSUVとしての走破性を確保するためにパワフルなハイブリッドシステムになっているといえるでしょう。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ