BMW伝統の「アレ」が消えた!? 新型3シリーズツーリング、謎のカモフラージュ姿をキャッチ

コラム Clicccar

BMWの欧州Dセグメント・セダン、新型「3シリーズ」の派生モデルとなる『3シリーズ ツーリング』次期型プロトタイプを、輸送中にカメラが捉えました。

輸送中を捉えたプロトタイプは、セダンと同じデザインのフロントマスクやL字型テールライトの一部、新デザインのルーフスポイラーなどが確認できます。

新型では、「CLAR」プラットフォームを採用。現行モデルから50kg以上の軽量化が図られます。またホイールベースが延長され、フットスペースが向上するほか、ラゲッジスペースが拡大されそうです。

Cピラー以降がカモフラージュされているのは、デザイン的サプライズが予想されます。気になるのはリアクォーターウィンドウです。断定はできませんが、よく見るとウィンドウの角がキックアップされている、BMW伝統のアイデンティティと言える「ホフマイスター・キンク」処理がされていないように見えます。市販型での要注目ポイントと言えます。

パワートレインは、最高出力184psと258psを発揮する2リットル直列4気筒ターボガソリンエンジン、最高出力150psと190psを発揮する2リットル直列4気筒ディーゼルエンジン、最高出力387psを発揮する3リットル直列6気筒を搭載する「M340i」などがラインアップされます。

また2リットル直列4気筒+電気モーターのPHV、及び、航続距離278マイル(450km)の「30e」、航続距離341マイル(550km)以上と思われる「40e」の2種EVモデルも予想されています。

ワールドプレミアの場となるのは、2019年3月のジュネーブモーターショーが最有力です。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ