【レクサスES Fスポーツ試乗】ラック平行式電動ステアリングはしっとり

コラム Clicccar

歴代としては7代目にあたるモデルですが、日本では初めて導入されるESが今回の新型レクサス・ESです。今回、シリーズに初めて導入されたFスポーツ(629万円)をチェックしました。

サスペンションはフロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーン式となっています。Fスポーツは前後のショックアブソーバーにカローラスポーツ等でも実績のあるAVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション)を装着しています。また前後にボディ全体を制振するパフォーマンスダンパーを、Fスポーツ専用装備として装着しています。

パワーユニットは2.5L直列4気筒にモーターを組み合わせるハイブリッドシステムとなっています。エンジンの最高出力は178ps/5700rpm、最大トルクは22.5kgm/3600〜5200rpm。モーターの最高出力は88ps、最大トルクは20.6kgmです。

エクステリアはとてもFFのセダンとは思えない、低く流れるようなスタイルが魅力です(サイズは全長4975mm、全幅1865mm、全高1445mmです)。

このスマートなフォルムの達成には内部容積を確保しながら、低く抑えたトランク部分がキーポイントの一つになっています。

トランクリッドの高さを抑えつつも容量を確保できた理由は、ハイブリッド用バッテリーの設置場所にあります。従来であればトランク下部に設置することが多かったのですが、このモデルではリアシート下にコンパクトに収めることができました。

これによってハイトの低いトランクでも、必要スペースを確保することができています。

ボディ各部には最近のレクサスを象徴するようなデザインを随所に散りばめています。例えばフロントマスクではポジションランプやウインカーにL字型に見える造形が。そしてテールランプにおいても複数のLマークが仕込まれています。

Lに見える意匠はグリルやホイールにもあり、隠れミ●キー探し状態です。

インテリアに関しても最新レクサス流儀が反映されています。

メーターバイザー左右には走行モードを選択する円筒形のスイッチが配されています。

センターには12インチオーバーの大型ディスプレイが設置され、中央部分の空調操作部は斜めの独特なパネル上に配置されています。

実際に乗ってみます。走り始めてすぐにモーターによる分厚いトルクの「盛り」を感じる設定になっています。またこのFスポーツは排気音が作り込まれていて、車内に重低音が響きます。

コーナリングではステアリングフィールが良好なことに気づきます。これは通常、ステアリングコラムやピニオンギア部分にモーターを組み込むことも多い電動パワーステアリング機構を、よりタイヤに近いラック部分に組み込むことで達成できたためです。この機構はラック平行式EPSといいます。

ラックに仕込む場合、大トルクが必要となるので出力の大きなモーターが必要でコスト上昇にもつながるのですが、レクサスはあえてこれを採用。期待以上の効果を上げることに成功しています。

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ