日産・セレナAUTECHは標準車+α の価格で手が届く魅力的なプレミアムモデル

コラム Clicccar

ミニバンがファミリーカーの定番となり、休日のショッピングモールの駐車場や高速道路のパーキングエリアなどではズラリと並んでいます。なかでも、2018年上半期ミニバン販売台数No.1に輝いた日産セレナのような人気モデルになると、駐車場で自分のクルマ探しもひと苦労……なんてこともあるでしょう。

セレナをはじめとした人気車種を購入しようと検討しているユーザーは、街で多く見かける車種だからこそ、ほかの人と差別化を図りたいと思う人も多いと思います。

そういったユーザーのニーズに応えてきたのがエアロパーツを装着し、「見た目」での差別化を図るドレスアップです。実際、国産車のミニバンではエアロパーツ装着グレードが人気で、セレナでもハイウェイスターが売れ筋グレードとなっています。

しかし見た目だけの差別化を図るドレスアップが主流になると「見た目はそれほど目立たなくていいから、従来とは異なる新しい魅力」を求めるユーザーの声も聞かれるようになりました。そういった声に応えて、プレミアムスポーティと呼ばれる上質さと先進性を表現した外観、そして内装に使用する素材まで質感にこだわったモデルがセレナにラインアップされました。それが、セレナAUTECHです。

セレナAUTECHを手掛けるオーテックジャパンのカスタムカーの歴史は古く、セレナハイウェイスターのルーツとなるラルゴハイウェイスターを製造・販売したミニバンのカスタマイズのパイオニア的な会社なのです。その後オーテックジャパンは内外装の変更に加えて、走行性能を向上させたコンプリートカー「ライダーシリーズ」を販売し、ブランドの地位を揺るぎないものとしました。

ライダーシリーズで成功を収めたオーテックジャパンが、新しいカスタムカーの提案として2018年1月に発表したモデルがセレナAUTECHです。オーテックジャパンがこれまで蓄積したクラフトマンシップを注入したこのモデルは、見た目の違いはさりげなく、しかし長時間過ごすインテリアは視覚、触感で質感の高さを感じられるように仕立てられているのが特徴です。

今回セレナAUTECHの魅力を紹介するために、標準車の人気グレード、ハイウェイスターを用意。2台を比較しながら、セレナAUTECHのこだわりのポイントを紹介しましょう。

まず、外観のフロントですが、セレナAUTECHとセレナハイウェイスターの違いは、フロントグリルのデザイン、フロント下部のプロテクター。そしてメタル調となったドアミラーです。そしてセレナAUTECHはフォグランプにLEDを採用するなど細部までこだわりが感じられます。

フロントマスクで大きな違いとなるグリルですが、メッキの表面処理はあえてダーク調としており、ドットは一見、全て同じ形状に見えますが、一つ一つ形が異なります。これはワイド感を出すために、外側に行くほど横長になるためグリルのドットは左右対称となる部分にしか同じ形状を使用していません。こういった細かい部分にまでこだわりの結晶が表れています。さらに、シルバーのフロントプロテクターによって低重心に見える効果があります。

続いてリアスタイルです。セレナAUTECHとセレナハイウェイスターで最も違うのは、リアプロテクターを装着したリアバンパー。専用テールフィニッシャーと専用マフラー(グレード別装備)によってフロント同様、低重心を強調しています。また、クリアライナータイプの専用LEDリアコンビネーションランプを使用していることは、さりげないこだわりのポイントなのです。

そして、サイドスタイルはシルバーのサイドプロテクターと専用デザインのアルミホイール(写真は17インチ装着車)を装着していること。セレナAUTECHとセレナハイウェイスターのフロント、リア、そしてサイドを比較してきましたが、この「さりげない個性」こそがセレナAUTECHの追求する仕立ての良さや上質さを表現した「プレミアムスポーティ」なのです。

セレナAUTECHの魅力、そしてクラフトマンシップを強く感じられるのがインテリアです。今回撮影したセレナAUTECHは、最上級モデルの「AUTECH SPORTS SPEC」。この「AUTECH SPORTS SPEC」はハンドリングや加速感、そして優れた高速安定性と上質な乗り心地を両立したプレミアムスポーティミニバンです。

そのため、最上級モデルに相応しい豪華装備である、本革シートがセレナで唯一オプションで設定されており、この撮影車両も本革シート装着車でした。標準装備されているシートは、シート表皮に抜群の肌触りを誇るクリスタルスエードを採用。さらにキルティング風に仕立てた見た目により上質感も演出しています。

標準シートも本革シートもフロントシートのヘッドレストの部分にブルーステッチで「AUTECH」と刺繍されています。また、触感の良いレザー調のインストパッド(標準車はスエード調)をはじめ、ステアリングやシートなどに「AUTECH」ブランドのイメージカラーであるブルーステッチを施し、クールなインテリアに仕立てられています。

売れ筋のセレナハイウェイスターがスポーティさを強調するインテリアに対して、「セレナAUTECH」のインテリアはブルーの刺繍やステッチ、そして使用される厳選素材によって落ち着いたリラックスできる雰囲気が演出されています。

さらにフロントドアを開けたときに「AUTECH」と輝くウェルカムライトや吸遮音・消臭機能付きの専用フロアカーペット(共にオプション)などインテリアのよく目にする部分だけでなく、目の届かない部分にまでオーテックジャパンの匠のこだわりが宿っています。

セレナAUTECHは今回撮影した専用のサスペンションをはじめ、ボディ補強、チューニングコンピューターなどを装備したフルスペックの「AUTECH SPORTS SPEC」を筆頭に、こだわりの装備を厳選しならがも、標準車との価格差を抑えたベーシックモデルの「AUTECH」や話題のパワーユニット、e-POWERをベースとしたグレードなど、全部で5グレード用意されています。

セレナAUTECHはカスタマイズを特別なものではなく、標準車の購入を考えていた人にも「このクルマ、さりげないこだわりがいいね。」と思ってもらえるモデルのように感じます。

これまではカスタマイズというと周りの人へのアピールが主流でしたが、このセレナAUTECHの見た目はそこまでの派手さはないものの、厳選した素材やクラフトマンシップによる高い質感のインテリアによってドライバーだけでなく、乗員全員が「イイクルマに乗っている」と高い満足感を得られるはずです。このセレナAUTECHの登場により、グレードの選択肢が広がっただけでなく、従来とは異なるクルマの楽しみ方が始まったと言えます。

(文:萩原文博、撮影:篠原晃一、動画:宇並哲也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ