2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…

コラム Clicccar

この1年間で最も優れた車に贈る賞「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が12月7日に都内で行なわれ、ボルボ「XC40」が選出されました。

昨年11月1日〜今年10月31日の間に日本国内で発表・発売され、販売台数が年間500台以上見込まれている乗用車が対象で、計27台の中から選出された上位10台の「10ベストカー」に対して、自動車ジャーナリストや有識者からなる選考委員60名により投票が実施されました。

最終選考に選出された「10ベストカー」は以下となっており、2位はトヨタ「カローラスポーツ」、3位はVW「ポロ」の結果となっています。

<国産車>
トヨタ クラウン、カローラスポーツ
ホンダ クラリティPHEV
三菱 エクリプス クロス
マツダ CX-8
スバル フォレスター(辞退)

<輸入車>
アルファロメオ ステルヴィオ
ボルボ XC40
BMW X2
VW ポロ

今回受賞したボルボ「XC40」は使い勝手の良さや高度な安全運転支援技術が評価されたもので、駐車場からバックで出る際に接近車をアラームで知らせ、自動ブレーキをかけるなど、安全機能を充実させています。

昨年のボルボ「XC60」受賞に続き、2年連続で輸入車が受賞する結果となりましたが、国産車の受賞についても大いに期待したいものです。

Avanti Yasunori

【関連リンク】

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー
https://www.jcoty.org/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ