注目F1ドライバー、ピエール・ガスリーは分刻みのスケジュールで大忙し!【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2018レポート〜前編〜】

コラム Clicccar

12月9日(日)にツインリンクもてぎで行われた、シーズン終了後恒例のファン感謝祭「Honda Racing THANKS DAY2018」に行ってきました!

今年も朝からイベントが盛りだくさん!! まずは前編をお届けします。

イベントには国内外で活躍するドライバー、ライダーそしてチーム監督の総勢39名が勢揃いし、その姿を一目見ようと24,500人のファンがサーキットに集まりました。

F1大好きな私的一押しゲストは、もちろんピエール・ガスリー選手。ガスリーは昨年、チーム無限からスーパーフォーミュラに参戦し、今シーズンからホンダがパワーユニット供給しているトロロッソのレギュラードライバーとしてフル参戦。さらに来シーズンはチャンピオンチームであるレッドブル(来シーズンからホンダのパワーユニットを使用)への移籍が決定し、今注目を集めているドライバーの一人です。

ドライバー達は午前中から分刻みのスケジュールで大忙しで、ガスリーは9時15分から中央エントランスの特別ステージで行われたトークショーに登場し、F1ドライバーとして初めてTHANKS DAYに参加することについて想いを述べました。

「皆さん、こんにちは! 元気ですか? 日本に戻ってこれて嬉しいよ。THANKS DAYに参加するのは2回目だけど、今年はF1ドライバーとして参加できて本当に嬉しい。今年は凄く良いシーズンだったと思う。良い時も、もちろんそうでない時もあったけれど、勉強になったし、とてもポジティブな1年だったよ」

昨年はスーパーフォーミュラとF1日本GP、そして今年はF1日本GPで来日したガスリー。日本のファンのイメージはどうなのでしょうか。

「日本のファンは素晴らしいね。日本GPの時はトロロッソカラーのTシャツやキャップで青色にスタンドが染まっていて、たくさんの人が応援してくれているのを心から感じたよ。面白かったのが、ヘルメットにDRSが付いてあったやつかな(笑)。あれは見たことがなくて、さすがだなと思ったよ。日本のファンは本当に最高で、いつも素晴らしいサポートをしてくれるし、僕はスーパーフォーミュラの頃から応援してもらっているからね。やっぱりドライバーにとってファンのサポートは重要で、やる気が増えるんだ。SNSなどに送ってくれるメッセージも見ているよ。凄く嬉しい。ありがとう。これからも応援お願いします!」

会場には大人はもちろん、小さな子供やこれから夢に向かって進んでいくであろう若者もたくさん来ており、夢を叶えるために必要なことを教えてくれました。

「人生で大切なのは、自分の夢を持ち続けること。僕は5歳の時にF1を初めて見て、F1ドライバーになる決心をし、両親に言ったんだ。そして行動に移すことも大切で、F1ドライバー20人に入るにはどうしたら良いか毎日考えた。F1ドライバーになりたいという夢を持っている人がいたら、まずはカートを始めたほうがいい。もちろん、学校もちゃんと行ってね。そしてチャンスをものにして、メンタルを強くするんだ」

トークショーが終ると(9時30分終了)、次はロードコースに行き9時45分からの「Honda Cars CUP」に参加。

「Honda Cars CUP」は、ホンダの軽自動車N-ONEによるナンバー付きワンメイクレース「N-ONE OWNER’S CUP」に参戦するHonda Cars社内チームと、プロドライバーが特別参加してエキシビションレースを繰り広げるという、夢のようなプログラムです。

参加ドライバーはガスリー、佐藤琢磨選手、山本尚貴選手、ジェンソン・バトン選手、中野信治氏の5人。

レースは全5周で争われ、ハンデとしてゲストドライバー達は後方からスタートとなったのですが、なんとガスリーは2周目には21番手から9番手までジャンプアップ! かっこよすぎる〜!!

よっぽど楽しかったのか、チェッカーを受けた後も一人で飛ばしまくるガスリー。インタビュー中もクルマの動きについてバトンと大盛り上がりで、隣で佐藤選手と山本選手がコメントしているのに全く聞いていません(笑)。

「本当に楽しかったよ! 途中、スピードを出し過ぎて2輪で走行しちゃったんだ(笑)」と、インタビューにも興奮冷めやらぬ様子で答えていて、走行中とのギャップにキュンキュンしちゃいました。

「Honda Cars CUP」の後は15分後に始まる「Honda Racing Kart Cup」のため、レーシングカート場へ。もちろんドライバー達はクルマで移動しますが、私は歩き。この調子だと、万歩計の最高記録を更新できそうです(汗)。

クタクタ状態でレーシングカート場に到着すると、すでにたくさんのお客さんが集まっていました。

それもそのはず。なんとこのプログラム、イベントに参加しているドライバー達がチームやカテゴリーの垣根を越えてガチンコバトルを繰り広げる、THANKS DAYでしか実現できないスペシャルなカート大会なんです!

カートは2人1組の混合チームでガスリーは昨年のカート大会勝者、塚越広大選手とペアを組むことに。決勝前に行われた予選でスターティンググリッドが決まり、ポールポジションは山本&松下信治組。ガスリー&塚越組は4番手からスタートです。

決勝は12周で争われ、ドライバー交代のタイミングは自由。スタートすると、毎周繰り広げられる激しいサイド・バイ・サイドのバトルに、お客さんも大興奮!

6周目、ガスリーが塚越選手と交代しコースに出ると素晴らしいオーバーテイクを見せ、11周目にトップに浮上しました!!

実はこのカート大会、毎年「何やってるの!?」と目を疑うようなとんでもないハプニングが起こるのですが(レース前に山本選手が『親御さんはお子さんに見せないようにしてください』と言うほど(笑))、今年はおとなしめで真面目な(!)レース展開となりました。

それでもドライバー達の素晴らしいドライビングテクニックを目の前で見れ、あっという間に12周が終了。

見事優勝したのは、ガスリー&塚越組! 2番手にバトン&小暮卓史組、3番手は野尻智紀&ベルトラン・バゲット組となりました。

レース後の表彰式では、表紙台にトップ3ドライバーがぎゅうぎゅう詰め……(笑)。ガスリーは「もう次のシーズンが始まった感じだよ! 勝てて嬉しい。ありがとう」と、満面の笑みを見せてくれました。

しかし、いつまでも喜びにひたっているわけには行きません。次は40分後に始まる、THANKS DAY名物「Honda Racing THANKS Ceremony」のため、ロードコースへ移動します。

セレモニーではステージ前に敷かれたレッドカーペットの上をゲスト達がファンサービスをしながら歩いていくのですが、ガスリーは誰よりも多くファンサービスをしている姿が印象的でした。

そしてセレモニーには、トロロッソチーム代表のフランツ・トスト氏の姿も!

セレモニーでは八郷隆弘社長、ドライバー&ライダー代表者の挨拶があったのですが、その間身体を縮めて寒そうだったトスト氏。この日の気温は6.9度。風邪をひいていないか心配です。

怒涛のスケジュールが終わり、これにて前半終了! ほとんど休憩が取れなかったであろうガスリーですが、それでも笑顔を絶やさなかったのは彼自身もこのイベントを楽しんでいたから!

後半はまた後日レポートしますので、お楽しみに〜☆

(yuri)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ