トヨタ自動車の世界販売、2019年も1千万台超(+2%増)で計画へ

コラム Clicccar

トヨタ自動車が17日、ダイハツ工業と日野自動車を含むグループの2019年世界販売台数計画を発表しました。2018年実績見込みを2%上回る1,076万台となっており、3年連続過去最高、6年連続1,000万台超となるようで、トヨタ単体でも968万台(国内157万台、海外811万台)と、2%増を目指す考えのようです。

国内販売では来秋、消費税増税が予定されていますが、駆け込み需要もあり横ばいを想定。また海外販売では、中国が来年施行するNEV規制対応に伴う「カローラ」「レビン」のPHV投入や、合弁先が開発したEV投入を背景に2%増を見込んでいる模様。

トヨタは2017年にグループの世界販売で過去最高となる1,038万台記録しており、2018年においても中国を中心とするアジアや、HVが好調な欧州・中南米が販売をけん引している状況から、世界販売で1,055万台を見込んでいるようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタ自動車の中国市場における「電動化」はパナソニック製バッテリーで
https://clicccar.com/2018/12/18/669335/

小幅に留まった「自動車税」減税、来秋以降の新車販売への影響は?
https://clicccar.com/2018/12/17/669080/

消費税増税以降のクルマ購入に特典!「自動車税」が恒久減税に?
https://clicccar.com/2018/12/11/666175/

専売車種を廃止し「全店全車種販売」を目指すトヨタ。神奈川で3販社統合の動き
https://clicccar.com/2018/11/28/659428/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ