三菱自動車の2018年度第3四半期決算で益子会長は、前ゴーン会長について何を語った?

コラム Clicccar

2019年2月1日、三菱自動車の2018年度第3四半期決算が発表されました。2018年度第3四半期累計の売上高は、前年同期比18.2%増の1兆7941億円で、営業利益は前年同期の646億円から850億円に増加し、営業利益率は4.7%。純利益は692億円です。

2018年度第3四半期累計のグローバル販売台数は、前年同期比の777,000台から15%増となる894,000台。好調なアセアン地域では、次世代クロスオーバーMPVのエクスパンダーを中心に販売を伸ばし、前年同期比27%増の235,000台。エクスパンダーは、インドネシア、フィリピン、タイなどで売れているそう。タイは新型トライトン/L200の発売も好調な販売台数増に貢献しています。

日本では、エクリプス クロス、アウトランダーPHEVにより11%増の69,000台。デリカD:5の投入によりさらなる拡大が期待されています。

欧州でもエクリプス クロス、アウトランダーPHEVが好調で、前年同期比29%増の168,000台となっています。オーストラリア、ニュージーランドでは、3%増の7万3000台を記録。こちらもSUV、LCVが好調で、市場拡大の波に乗っています。

北米では、9%増の118,000台で、アウトランダーPHEV、エクリプス クロスが好調。中国でもエクリプス クロス(現地生産も開始)、アウトランダーの販売拡大に加え、302から353店舗への拡大による販売網の強化が図られています。中南米、中東・アフリカ、そのほかの地域でも6%増、108,000台となっています。

2018年度通期業績見通しについては、米中の貿易摩擦、為替変動なども見込み据え置きとしていて、アセアン地域の販売増、コスト削減などにより、今期の営業利益1,100億円を達成したいとしています。

益子会長は、今後を担うモデルとして、新型トライトン/L200、新型デリカD:5を挙げています。前者はすでにタイで販売を開始し、約150カ国に順次展開し、大幅な商品力向上により各国から高い評価されているそう。

1月末現在で4,200台の受注を獲得しているという後者についても、内・外装の刷新と静粛性向上、予防安全技術搭載などの商品力強化によりさらなる販売増を見込んでいるとしています。

さて、ゴーン前会長が検討していたという、持ち株会社について。事前に話を聞かされたことはない、という益子会長は、「アライアンスについて、短期間で話をまとめることができたが、個々のブランドを守り、徹底的に重複を排除し、すべてのアライアンスメンバーについてウィン-ウィンとなること」という基本原則について紹介し、この2年間で学ぶことが多かったとしています。

今後は、「アライアンスメンバーが価値観を共有し、発展させていくこと。アライアンスメンバーであることに誇りを持てること、働きがいをもち、成果を上げること。対等、平等の精神をもち、信頼できるパートナーが必要で、同アライアンスでCASEへの対応、欧州や中国、米国などで強まる環境規制への対応もアライアンスで技術を補完する必要があります。アライアンスを建設的に推進し、これらの基本原則と必要性を確認し、合意することが必要としています。もし、持ち株会社について今後、相談を受けることがあれば、こうした精神を尊重したうえで、考えたい」としています。

昨日まで行われたアライアンスのトップ会談では、日産の西川社長、ルノーのティエリー・ボロレCEO、益子会長の3人で、今後同アライアンスを発展させることを確認。また、ルノーのジャンドミニク・スナール新会長とは、電話会談でアライアンスの重要性を再確認したそう。ボロレ氏、西川氏、益子会長でさらに会う機会を増やすとしています。

なお、益子会長は、ルノー側、日産との対話は、場所や機会を限定することなく、必要な時に会えばいいとしています。電話会談をしたルノーのスナール新会長は、とても穏やかというのが益子会長の印象だそうで、スナール新会長に来日してもらうように話をしたそう。

今後のアライアンスは、チェアマン役だったゴーン前会長から合議制に変わるといわれています。益子会長は今後、しっかりした会議、組織で決めていくことは良いことして、意思決定の遅れという懸念に対しては、対応するのがCEOの仕事としています。なお、益子会長は、3社統括会社は存在せず、ルノーと日産のオランダの統括会社であるルノー日産BVに、三菱自動車が今後も参加することはないと明言しています。

ゴーン前会長の逮捕については、逮捕当時は「なんで?」と現実感がなかったそうで、それから報道内容を知ると残念だなと感じていたそう。三菱自動車の内部調査で不正が発覚した際は、前ゴーン会長と2年近く一緒に走ってきたこともあり、情緒的に悲しいと思ったこともあるようです。なお、前ゴーン会長とは、三菱自動車の経営を変えていこうという話もしていたとしています。

益子会長は、身の丈に合った商品ラインナップで厳しい経済環境に対応していきたいと考えています。また、昨年12月には指名・報酬委員会を設置した点に言及し、前ゴーン会長による、日産との共同出資会社における不正に対応すべく、さらなるガバナンス強化を図るとしています。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ