BMW初のEV4ドアクーペ「i4」のプロトタイプを初キャッチ! EV専用デザインのキドニーグリルを採用

コラム Clicccar

BMW初のEV 4ドアクーペ「i4」の市販型プロトタイプを、カメラが捉えました。

「i4」は、2017年のフランクフルトモーターショーで公開された「i ビジョン ダイナミクス』の市販モデルであり、同ブランドのフルEVとしては2019年内にも登場予定のクロスオーバーSUV「iX3」に続くモデルとなります。

電気モデルのためエンジンを冷却するためのエアインテークは必要としません。そのため、カートランスポーターで移動中を捉えた開発車両のフロントエンドにはEV専用デザインのキドニーグリルを装着。プラットフォームには「CLAR」モジュラーアーキテクチャを採用し、ボディシルエットは、「4シリーズ グランクーペ」を彷彿させます。

テールライトなどディテールは不明ですが奇妙なドアノブが装備されています。未完成ですが、手を下にスライトさせるだけでドアが開くシステムが搭載されている可能性があります。

駆動方式は、FRをベースとし、上位モデルはデュアルモーターの4WDとなり、最高出力は370psと予想されます。また航続距離は1回の充電で700kmを目指し開発され、最高速度は200km/h以上0-100km/h加速は3.8m秒と噂されています。

ワールドプレミアは、2021年9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ