1986のゼロヨン模様。雨宮7にチョロQ・Z、超えろ10秒の壁!その3【OPTION 1986年1月号より】

コラム Clicccar

1986年当時のOPTION誌で盛り上がっていたゼロヨン界をおっかけ「目指せ9秒台!! 1986年ゼロヨン極限トライアル、トップタイムはタカハシタイヤ・コルベット・その1【OPTION 1986年1月号より】」、そして「目指せゼロヨン10秒の壁突破! 「オートセレクトS30Z」さすがの実力11秒台!その2【OPTION 1986年1月号より】」の2回からちょ〜っと時を経てしまい・・・申し訳ない(焦)。

今回のその3からはこの日の3位以下のマシンをドンドンと紹介していきましょう。

・・・・・・・・・・・・

ドライバー:柿本 由行

いつものDRAGだとスタートの時なんかタコメーターなんか見てへん。アクセル全開とエンジン音で判断しとるのやね。シフトアップは9000rpm。上手くいったか失敗したかは400m地点のエンジン回転数で分かります。今までやってきたメカチューンのエンジンだと、ゴール地点で1/100秒単位でタイムが当たりますわ。

今回はターボチューンで目標の800ps近くはいったと思うんやけど、パワーに負けて、とにかくアクセルが踏めんのですわ。11秒40というタイムもハーフスロットルでマシンをコントロールしながらのやつで、これからは足まわりのセッティングが急務ですわ。タイヤ径大きくすれば駆動系の負担がおおきくなるしでパーツ探しが大変や。

メカチューンのマシンはコントロールがわりに簡単やけど、ターボチューンのマシンは難しいでっせ。オーバー200km/hでホイールスピンするのは快感やけど、いつ飛んでいってまうか分かりませんからね。万が一のトラブルの時は、とにかく焦らず安全に止まることだけを考えてますわ。

●メカニズムチェック

柿本レーシングはメカチューンから一新してターボでトライしてきた。ベースのL28エンジンは従来のメカチューン同様、ボア・ストロークは89×83mm、総排気量を3096ccにアップ。が、ピストンは高出力にも十分耐えるようオリジナル製作されたマーレー製SPL鍛造を使用。クランクシャフトはLD28、コンロッドはL14を使用し、バランス取りとタフト処理がされ、圧縮比は7.0に設定。

 

ヘッド関係はオリジナルの320度の作用角と9mmのリフト量を持つカムシャフト、IN46、EX38φのビッグバルブが組み込まれている。

タービンはKKK製K26タービンをツイン装備。エキゾーストマニホールドは排気効率を考慮したオリジナルのステンレス製で、ウエイストゲートはシグマ製タイプCを使用。吸気系はキャブレターを使わずD-FiTを改造。それらのチューンによりパワーバンドは4500〜9000rpm最高出力は750ps以上を絞り出している。

ファイナルはマル秘だがミッションは240Z用、クラッチはボーグ&ベッグを使用。サスペンションは有効なトラクションをかせぐためにトレーリングアーム式に変更。アーム類はピロボール式だ。

ドライバー:川崎 哲哉

2年前にここ谷田部で10秒台出してるのでイケると思ったけどね。スタートは7500rpm、シフトアップは8500rpmくらいです。このサニーは直進性が良いけど、後はエンジン次第。結局エンジンは1気筒死んだまま(コースにオイルを撒かないようにバルブを1気筒分外してあったのだ)、それでも11秒台はマークするんだから他人事じゃないけど凄いね。

●メカニズムチェック

鮮やかなピンクのビルド・サニーは過去10秒688をマークしているだけに今回も9秒台最右翼車だ。しかし、セッティング不足に加え、L型6気筒エンジンは1気筒死んでいたらしい。が、それでもタイムは11秒台前半をマーク。完調ならば…と残念な結果だった。

エンジンはL型改3.1L+ツインターボ。LD28クランクを使用し、ボア・ストロークは89×83mm、総排気量は3096cc。オリジナルの鍛造ターボ用ピストンが組まれている。

ヘッドはビルド・オリジナルの燃焼室加工がされ、カムシャフトは作用角296度、バルブはIN45、EX38φが使用されている。圧縮比は8.5とターボ車にしては若干高め。

タービンはエアリサーチ製T04をツイン装備。A/Rは0.50。吸気はソレックス44φでオリジナル加工のエアチャンバーがつく。追加インジェクターは180cc/分が2本。インタークーラー、オイルクーラーはゼロヨン仕様のため取り付けていない。点火系はウルトラCDI同時点火で強力な花火を送っている。以上のチューンでパワーバンドは4000〜9000rpm、レブリミットは9500rpmを可能にしている。

ドライバー:井上 孝三

3週間前、雨の富士ゼロヨンで大クラッシュ、突貫作業で修復したのですが、マシンコンディションがイマイチで残念。

それとは別にこのマシン、ちょっとスタートが難しいんですよ。回転を上げてクラッチミートしても、急につなげるとストールしちゃうんです。で、今は4000rpmでクラッチミートですね。本当は8000シフトですが、今回は7000くらいでどうもフケなくなっちゃうんで、そこでシフトしていました。スタートしちゃえば割合、直進性は良いんです。ただ右シフトなのとステアリングがえらくシビアなんで気を使いました。

●メカニズムチェック

F2シャシー、シェブロンB48に12Aサイドポート+ツインターボエンジンをミッドシップに搭載した雨宮ドラッグ7。タービンはTD06を使用。インタークーラーはトラスト製SPLタイプをダブルにしエンジン上部にセット。吸気はウェーバー50φで、それに追加インジェクターが3本セットされる。容量は180cc/分×1、270cc/分×2。ウエイストゲートはトラスト製レース用が付く。

サスペンション形式はFサスがロッキングアーム式、Rサスはアッパー側がIアームとラジアスロッドの組み合わせ。ロワ側はAアームとIアームの組み合わせからなる。ショックはFビルシュタイン、Rコニのレース用。ブレーキはF/Rともロッキード製を装備している。

タイヤはFダンロップCR88の185/5-5-13、Rダンロップ・スリックの300/620-13。クラッチはB&B、ミッションはヒューランド製5速。ボディカウルはすべてFRPで製作し、フラッシュサーフェス化されている。このボディはさすが雨宮と思わせるほど美しい。また室内はシングルシートでパネル類はアルミ製。徹底的に軽量化されている。

ドライバー:小林 昌一

スタートは6000rpm、シフトポイントは7500rpm。このZ、リヤをちょん切ってからリヤが振られるようになってしまいました。でも、このリヤビューはカッコイイでしょ。そうはいってもやっぱ振られるとアクセル踏めないし、どっちかといえば恐いかな。ホイールベースなんかは変わってないんだけど。

●メカニズムチェック

リヤを切り詰めチョップドにしたTBOチョロQ・Zは、ボディカウルもFRPで車重もかなり軽量化されている。このボディに搭載するエンジンはL28改3Lツインターボ。それもエンジンマウントを約40cm後方にセットされているから凄い。東名製89mm鍛造ピストンをブチ込み総排気量は2947cc。

カムは作用角280度のオリジナル品。バルブはIN46、EX36.5φのビッグバルブを使用。燃焼室も当然、加工されている。

タービンはTD06をツインで使用。インペラーハウジングは17C、エキゾーストハウジングは8cm2の径を持つタイプが組み込まれている。キャブレターはソレックス44φでオリジナルのエアチャンバーが付く。追加インジェクターは計3本でL28純正のものを使用。インタークーラーはトラスト製SPLタイプをオリジナル加工して取り付けてある。

最高出力は400ps、レブリミットは8500rpm。軽量ボディには十分過ぎるほどのパワーだ。ミッション、サス関係もパワーに見合ったものが使用されている。4.11のデフにスーパークロスミッション、ショックはトキコ、RSST特注コイルを装着。クラッチはB&Bだ。

・・・・・・・・・・・・・・

しっかし懐かしいマシン、ショップ、ドライバーが続々登場していますねぇ。この頃を知っている方にとっては涙モノではないでしょうか? ってところで、その4へ続く。

[OPTION 1986年1月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの

【関連記事】

目指せ9秒台!! 1986年ゼロヨン極限トライアル、トップタイムはタカハシタイヤ・コルベット・その1【OPTION 1986年1月号より】
https://clicccar.com/2018/10/25/643174/

目指せゼロヨン10秒の壁突破! 「オートセレクトS30Z」さすがの実力11秒台!その2【OPTION 1986年1月号より】
https://clicccar.com/2018/11/24/657344/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ