【SUPER GT 2019】GT500クラスに参戦する新生64号車「Modulo Epson NSX-GT」のカラーリング発表!

コラム Clicccar

鈴鹿サーキットで開催されてた「モースポフェス2019 SUZUKA」。そのイベントコンテンツが始まる直前に、Modulo Nakajima Racingは2019シーズンを戦うマシン「Modulo Epson NSX-GT」のカラーリングが発表されました。

参戦マシン「Modulo EPSON NSX-GT<64号車 GT500クラス>」と「Modulo KENWOOD NSX GT3<34号車 GT300クラス>」のカラーリングテーマは「ダイナミック」。車体のみならずレーシングスーツやチームウエアも、共通のデザインイメージとしているとのこと。

今回実車が発表となった64号車 Modulo EPSON NSX-GTを見るとわかりますが、マットブラックをベースにより力強く洗練されたカラーリングとし、赤と白の相互に関連性を持たせて大胆に表現するものとしています。

今回のモースポフェスでは走行も披露。

64号車と言えば青白のイメージでしたが2019シーズンの64号車は躍動感が表現されており、速そうで強そうに見えることは間違いありません。

発表の際、中嶋悟監督は「全く新しいカラーリングをお披露目できたことを非常に喜ばしく思います。昨年12月と今年2月のテストも非常に順調で、やってやるぞという気合に満ちています」と語ります。

また、モースポフェス2019 SUZUKAにドライバーとして参加した牧野任祐選手は「2回目のセパンのテストではだいぶ良くなっていて、今シーズンに向けて楽しみな部分も多いので、今後のテスト含めてがんばっていけたらいいなと思います」とマシンの手応えを感じている様子。

ドライバーラインナップもカラーリングも、そして体制の多くも新しくなった64号車 Modulo EPSON NSX-GT。今年のSUPER GTの台風の目となることは間違いなさそうです。

(写真・文:松永和浩)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ