ディスカバー ハイブリッド! SUBARUのe-BOXER搭載モデルが欧州デビュー【ジュネーブモーターショー2019】

コラム Clicccar

ついに開幕した第89回ジュネーブモーターショーにおいて、スバルから欧州仕様のe-BOXER搭載モデル「SUBARU XV」「フォレスター」が発表されました。新デザインを示すコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」に注目が集まっていますが、新しいスバル像を走りの面でもアピールしています。

日本ではハイブリッドと呼ばずに、主にe-BOXERと呼んでいますが、欧州では「ディスカバー ハイブリッド」や「セルフチャージング ハイブリッド」というキャッチフレーズを用いて、ハイブリッド(電動車両)であることをわかりやすく、前面に押し出しているようです。このあたり、ハイブリッドの普及率の違いや、それに伴う評価の違いを感じさせます。

欧州仕様のe-BOXERもメカニズムは日本でAdvanceグレードに搭載されているモーターアシスト型ハイブリッドです。ボクサーエンジンを主役に、走る愉しさをモーターならではの好レスポンスで演出するe-BOXERは、欧州でどのように評価されるのでしょうか。

なおSUBARU e-BOXER車の欧州市場での販売は2019年秋からの予定となっています。

(ショー写真撮影:工藤貴宏 文:山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ