硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ

コラム Clicccar

プジョーは、3月のジュネーブモーターショーで欧州Bセグメント・ハッチバクの新型「208」を初公開しましたが、そのクロスオーバーSUV版となる「2008」をこれまでで最もカモフラージュの軽い状態でカメラが捉えました。

「DS3 クロスバック」のプロトタイプと一緒に捉えた開発車輌は、これまで隠されていたフロントグリルを開放。さらに「208」同様の3本の牙のようなデザインをあしらったヘッドライトや、バンパーに伸びる縦型のLEDデイタイムランニングライトの一部などが見てとれます。

窓ごしに捉えたコックピットは、「208」新型同様にデジタルクラスタやタッチスクリーンを採用。最新のi-Cockpitを搭載し、より直感的操作を可能にします。次期型では「CMP」プラットフォームを採用し、88ポンド(約40kg)の軽量化が図られるとともに、ボディが拡大されます。またルーエンドに丸みをもたせる、流行りのクーペスタイルと一線を画する硬派なボクシースタイルとなりそうです。

パワートレインは、エントリーモデルに1.2リットル直列3気筒「PureTech」の進化系ガソリンエンジン、ディーゼルでは、1.5リットル直列4気筒「BlueHDi」の最新世代を搭載し、電動化の加速も見られそうです。内燃機関から遅れて、48VマイルドハイブリッドモデルやフルEVモデルを投入予定で、EVの航続距離は350kmから400kmを目指して開発されているようです。

「2008」のワールドプレミアは、2019年秋以降が有力です。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ